ニュース

【埼玉県ふじみ野市立てこもり事件】犯人(猟銃男)の名前や顔画像を特定?猟師業の男性なのか調査!

 

2022年1月28日にTBSニュースでは埼玉県ふじみ野市の住宅街で猟銃を持った男が立てこもり事件を起こしたことを報じています。犯人は医者の人質に民家に立てこもり、1名は腹部と胸を撃たれ病院に搬送されてました。現段階でまだ逮捕に至ってないようなので早く捕まって欲しいですね。

今回は気になる埼玉県ふじみ野市立てこもり事件犯人(猟銃男)の名前や顔画像を特定されているのか?また猟師業の男性なのか調査していきました!

 

埼玉県ふじみ野市で立てこもり事件発生!犯人は自分の家で猟銃を持ち人質と一緒に立てこもりか!?

 

2022年1月28日にTBSニュースでは埼玉県ふじみ野市の住宅街で猟銃を持った男が立てこもり事件を起こしたことを報じています。

埼玉県ふじみ野市で、きのう午後9時ごろから、銃のようなものを持った男が男性を人質にとり、民家に立てこもっています。ほかに男性2人が病院に搬送されていて、このうちの1人は銃で撃たれたものとみられます。

引用:TBSニュース

 

とても物騒な事件で近くに住んでいる近隣住民からしたら眠れないニュースですね。。犯人は銃を持っているということで、はじめは89〇の抗争かと思いきや・・・なんと一般人の立てこもりのようですね。現在は警察が規制線を張って取り締まり中なので、捕まるのも時間の問題だと思うにで早く逮捕されて欲しいですね。

そして今回の事件内容を読むと犯人はなんやら事情がありそうな雰囲気を察知しました。そこで時系列に今回の内容をまとめてみたところ

2022年1月27日夜9時 30代男性が催涙スプレーをかけられ、近くの警察署に駆け込む。後にこの男性は介護士と判明。

↓↓

9時15分  ふじみ野市住宅街で『バンバン』と銃声音がしたと警察に通報がある

↓↓

警察が駆け付けると民家の玄関先に打たれて倒れている40代の男性を発見。後にこの男性は看護師と判明。病院に搬送される

↓↓

また民家には50代~70代の猟銃を持った犯人と40代の男性医師の人質が立てこもっていることが判明

↓↓

民家の一軒家は猟銃をもった犯人男性の家で、弔問に訪れた主治医、看護師、介護士とトラブルになり、人質にとられて撃たれたとみられる

 

気になる点として『医者が犯人宅に弔問に訪れた』という点、そして『猟銃や催眠スプレーなど準備が必要なものが事前に準備されいた』という所が引っ掛かりました。

スキャッピ
スキャッピ
医者とのトラブルって考えると医療ミスかしらね~。
それか主治医かその他の医療者から心無い言葉を言われたか何かかな?
でも猟銃も催涙スプレーもポンと出せるわけじゃないから、あらかじめ計画していたとしか考えられないわ~
ゴシッポ
ゴシッポ
亡くなった家族の主治医が患者の自宅に尋ねてくるということは、治療で何かがあったのかしら~

 

医者が弔問に訪れるケースが何でなのかが分かりませんが、トラブルに発展していることを考えると、以前から犯人と主治医間でなんらかのトラブルが起きていたと考えられそうですね。犯人の動機が気になります。そして自首せず立てこもり状態になっているのも。目的が主治医への『報復』なら、犯行後『逃走』や『自首』するものなのではないかと思いました。どんな理由があるにせよ犯人が早く捕まって欲しいですね。

 

埼玉県ふじみ野市で立てこもり事件犯人(猟銃男)の名前や顔画像を特定?猟師業の男性なのか調査!

 

また今回の事件で気になるのは立てこもっている犯人である猟銃男です。立てこもっている場所が犯人の自宅ということで、調べればすぐに犯人の名前や顔画像が判明しそうですね。そこでネットで名前や顔画像は特定されているのか調べてみたところ…残念ながら現段階で名前や顔画像は特定されていませんでした。

ただすぐにニュースで報じられることは間違いないと思います。現段階で分かっている情報はこちら!

  • 名前:不明
  • 年齢:50代~70代
  • 住所:埼玉県ふじみ野市大井武蔵野

 

また男性は猟銃を持っているということなので、猟師なのかな~とも思いました。

銃の所持許可は、各都道府県の公安委員会によって交付されますが、実際の窓口は、自分が住んでいる場所を管轄している各警察署の生活安全課となります。
 また、『ライフル銃の取得 』あるいは『空気銃の取得』は図の方法と違いますのでご注意ください。(狩猟目的として銃を所持する場合は、銃の所持許可証とは別に『狩猟免許』が必要となります。

引用:https://ssl.yjl.co.jp/

 

ただふじみ野市は航空地図で見ると、田畑はあるものの山はほとんどありません。

 

隣町はさいたま市ですし、そこまで田舎ではありませんよね。。なので、猟師というよりは山から下りてきた熊を退治用に猟銃を所持していたのかなと思います。

ピッピ
ピッピ
猟銃と催涙スプレーって、たぶん熊スプレーじゃろ。山に入る漁師さんだな。規制きびしくなりそうだな

 

本来の狩るべき相手が全く違いますし、ボーガンみたいに規制するorしない問題に発展しそうな予感もしますね。

 

埼玉県ふじみ野市で立てこもり事件犯人(猟銃男)の自宅に主治医が弔問に訪れたのはなぜ?医療ミスでトラブルなのか調査!

 

また個人的に犯人(猟銃男)の自宅になぜ主治医一行が弔問に訪れたのか気になりました。個人的に無知なため『弔問』という言葉がなんとなくしか分からなかったため調べてみました。

「弔問」とは、遺族を訪問してお悔みを述べることです。
弔問時には、深く悲しんでいる遺族への思いやりを忘れず、遺族の悲しみをさらに募らせるような行為や言葉は慎むようにします。

引用:https://sougi.minrevi.jp/word/kiji/i_741.html

 

弔問に医者が訪れたということなので、やはり犯人は直近で家族を亡くしてしまったと考えられますね。そして医者が弔問に訪れるのはあまり聞いたことがないケースです。そこで医者が弔問に訪るケースを調べてみたところ

ピッピ
ピッピ
母は医療過誤(医療ミス)で51歳の若さで亡くなったけど、弔問どころか謝罪の一言もなかったよ。
医療過誤の裁判なんて勝訴率圧倒的に低いし時間かかる。
絶対やっちゃいかんことやし、やり方間違えてるけどもし自分の娘が医療過誤で亡くなったりしたら・・・きっと気が気じゃないなぁ

 

残念ながら医療ミスで医者が弔問に訪れるケースは発見できず。しかしツイッターには医療ミスで家族を失った人物が『弔問どころか謝罪の一言もなかった』とのつぶやきを発見。医療訴訟は勝訴率が圧倒的に低く難しいですし、医者が自ら弔問に訪れるというのは『医療ミス』を認めた場合のみ。なので犯人と医者の間で医療ミストラブルがあったとしたら、裁判で争った済みということになるのかなと思います。長年の恨みつらみが募った犯行なら計画性があって当然の事件ですね。犯人にどんな犯行動機があるのかはまだ分かりませんが、今は早く逮捕され、近隣住民の安心できる生活を取り戻すことが最優先ですね。

 

埼玉県ふじみ野市立てこもり事件よりも気になるニュースを紹介!

【関連記事】

渡辺宏の犯行動機理由である鈴木純一とのトラブルは何?母親が医療ミスで死亡させられたのか調査!

【埼玉県ふじみ野市立てこもり事件】犯人の立てこもり場所はどこ?大井武蔵野の住宅街なのか調査!

【埼玉県ふじみ野市立てこもり】犯人の犯行動機は医療ミスで家族が死亡?弔問で謝罪に訪れた際に復讐したのか調査!