ニュース

【埼玉県ふじみ野市立てこもり】犯人の犯行動機は医療ミスで家族が死亡?弔問で謝罪に訪れた際に復讐したのか調査!

 

2022年1月28日にTBSニュースでは埼玉県ふじみ野市の住宅街で猟銃を持った男が立てこもり事件を起こしたことを報じています。犯人は医者を人質に民家に立てこもり、28日朝に機動隊突入で逮捕されました。1名は発砲を受け病院搬送、そして人質にされていた医者は心肺停止と犯人の復讐心を感じられる犯行ですね。

今回は気になる埼玉県ふじみ野市立てこもり事件犯人(猟銃男)の犯行動機は医療ミスで家族が死亡したのか?弔問で謝罪に訪れた際に医者へ復讐したのか調査していきました!

 

埼玉県ふじみ野市で立てこもり事件発生!犯人は自分の家で猟銃を持ち人質と一緒に立てこもり?

 

2022年1月28日にTBSニュースでは埼玉県ふじみ野市の住宅街で猟銃を持った男が立てこもり事件を起こしたことを報じています。

埼玉県ふじみ野市の民家で、男が猟銃のようなものを持って人質をとり立てこもっていた事件で、警察は殺人未遂の疑いで男を逮捕しました。

この事件は、きのう午後9時ごろ、埼玉県ふじみ野市の民家で、この家に住む男が猟銃のようなものを持ち、医師の男性(44)を人質にとり立てこもっていたものです。

引用:TBSニュース

 

28日の8時ごろに警察の機動隊が突入したことでようやく犯人が逮捕されました。近隣住民はなんと100人近く避難されていたようで、とても怖い夜を過ごしたことになりますね。犯行現場となった場所の詳細は分かりませんが、田畑に広がる閑静な住宅街で、なんでこんな場所で立てこもり事件が起きたのか・・・?

 

そして今回の事件は犯人の猟銃男の自宅に弔問に訪れた40代医師、40代理学療法士、30代医療関係者が巻き込まれる形で発生しています。これは犯人と医療関係者の間でトラブルがあったとしか考えられませんね。今回の事件を発生から逮捕まで振り返るとこちら!

2022年1月27日夜9時 30代男性が催涙スプレーをかけられ、近くの警察署に駆け込む。後にこの男性は医療関係者と判明。

↓↓

9時15分  ふじみ野市住宅街で『バンバン』と銃声音がしたと警察に通報がある

↓↓

警察が駆け付けると民家の玄関先に打たれて倒れている40代の男性を発見。後にこの男性は理学療法士と判明。病院に搬送される

↓↓

また民家には50代~70代の猟銃を持った犯人と40代の男性医師の人質が立てこもっていることが判明

↓↓

民家の一軒家は猟銃をもった犯人男性の家で、弔問に訪れた主治医、理学療法士、医療関係者3名とトラブルになり、人質にとられて撃たれたとみられる

↓↓

朝8時頃 警察は11時間説得を試みるも、機動隊突入へ踏み切る。犯人逮捕へ

↓↓

犯人の猟銃男逮捕。人質の40代主治医は心肺停止状態で発見

 

理学療法士は発砲を受け、主治医は心肺停止ということで犯人と医療関係者3名の間にはただごとではないトラブルがあったことが伺えますね。ここまで犯人を豹変させ、発砲事故に追いやったトラブルとは一体なんなのでしょうか?

 

埼玉県ふじみ野市で立てこもり事件犯人(猟銃男)の犯行動機は医療ミスで家族が死亡した?弔問で謝罪に訪れた際に復讐したのか調査!

 

今回のふじみ野市立てこもり事件で犯人(猟銃男)の犯行動機が気になりました。現段階で犯人は警察に事件を起こした動機や供述を語っていないので、事実は分かりません。そこで個人的に考察として犯人の犯行動機を探っていきたいと思います。あくまで個人の考察なので温かい目で読んでもらえると有難いです。

今回の事件は『医療関係者が犯人自宅に弔問に訪れた』ことから発生しています。医療関係者が弔問に訪れたということは『犯人の家族が死亡した』そして『医療関係者が謝罪の意』で自宅に訪れていたということが読み解けます。

「弔問」とは、遺族を訪問してお悔みを述べることです。
弔問時には、深く悲しんでいる遺族への思いやりを忘れず、遺族の悲しみをさらに募らせるような行為や言葉は慎むようにします。

引用:https://sougi.minrevi.jp

 

なので個人的ではありますが、『医療ミス』で医者や理学療法士を含む3名が謝罪に行き、そこで犯人からの復讐を受けたのではないかと考察しました。

ちなみに医療訴訟は『病院を相手にして』裁判を争うことから難しい裁判とされており、勝率はわずか20%ほどと言われています。そして医者から『謝罪の言葉』を貰うこと自体がほとんどないケースと言われているとか。

ピッピ
ピッピ
母は医療過誤(医療ミス)で51歳の若さで亡くなったけど、弔問どころか謝罪の一言もなかったよ。
医療過誤の裁判なんて勝訴率圧倒的に低いし時間かかる。
絶対やっちゃいかんことやし、やり方間違えてるけどもし自分の娘が医療過誤で亡くなったりしたら・・・きっと気が気じゃないなぁ

 

大切な家族を医療ミスで亡くしたとなると、犯行を起こした犯人という立場ですが医者に復讐したくなる気持ちも分かりますし、同情してしまいそうですね。また医療ミスなら詳細的になぜ医療ミスが起きたのかは病院側は発表して欲しいと思います。

 

埼玉県ふじみ野市で立てこもり事件から学ぶ医療事故を防ぐには?セカンドオピニオンが大事なのか調査!

 

埼玉県ふじみ野市立てこもり事件の一件が医療ミスとは決まっていませんが、大切な家族が医療ミスで亡くしてしまうのはとても悲しいことです。、そして医療事故は身近で起きるものとして考えておいた方がいいと思います。その理由としては年間医療事故件数を調べてみると

医療事故発生報告件数の推移をみると、2016年が406件、2017年が370件、2018年が377件、2019年が373件で、2020年の324件は最も少ない。

引用:https://www.ajha.or.jp/news/pickup/

 

報告されている年間数は300以上。そして報告されていない件数を含めるとさらに多いことが分かり、私たちの身近で起きやすいものと考えられます。そこで医療事故を未然に防ぐためにはどんなことを気をつければいいのか気になりました。調べてみるとセカンドオピニオンが大事と書かれていました。

セカンドオピニオンとは、患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めることです。

 

セカンドオピニオンは医療事故を未然に防ぐために導入された考えで、主治医とは別の専門医に治療や診断についての意見を聞くことができます。1人よりも2人、そして3人と増やしていくことで

  • 適切な診断・治療がされているのか?
  • 誤診や適切でない治療はないのか?

 

客観的な専門医の意見を聞くことができますし、違う治療法の選択肢を知るキッカケにも繋がります。最近ではセカンドオピニオン外来を設ける病院も増えてきているので、主治医に『セカンドオピニオンを受けることを相談すること』が医療事故を未然に防ぐ近道だと思います。

 

埼玉県ふじみ野市で立てこもり事件の気になる記事を紹介!

【関連記事】

渡辺宏の犯行動機理由である鈴木純一とのトラブルは何?母親が医療ミスで死亡させられたのか調査!

【埼玉県ふじみ野市立てこもり事件】犯人(猟銃男)の名前や顔画像を特定?猟師業の男性なのか調査!

【埼玉県ふじみ野市立てこもり事件】犯人の立てこもり場所はどこ?大井武蔵野の住宅街なのか調査!