トレンド

巨大な人の顔バルーン(気球)の場所は渋谷区のどこで浮遊している?期間はいつまで

東京都渋谷区に巨大な人の顔バルーン(気球)が突然登場したと話題になっています。

世間からは『怖い』や『不気味』との声もありますが、どこに浮遊しているのか気になりますよね。

今回は巨大な人の顔バルーン(気球)の場所は渋谷区のどこで浮遊しているのか?

また期間はいつまでなのか調査していきました。

東京の上空に巨大な人の顔をした気球型バルーンが浮遊!?

2021年7月16日に東京の上空に巨大な人の顔をしたバルーンが突然現れたと話題になっています。

 巨大な人の顔が16日、東京都渋谷区の空を浮遊した。

まるでシュールレアリスムの画家が描く夢や幻想の世界が現実になったような奇妙な光景が、通勤や散歩中の人々の目を奪っていた。

引用:讀賣新聞

突然何の前触れもなく現れた現れた巨大な人の顔をしたバルーン(気球)が登場したら驚きますよね。

個人的には進撃の巨人で壁から大きな巨人が顏を覗かせているシーンを彷彿とするようなショットがあり・・・・不気味だなと思いました。

世間の反応としても怖いや不気味といった声が多く寄せられています。

今回の巨大な顔アートは東京オリンピックやパラリンピックに合わせて行われた現代アートの展示ということですが、現代アートというよりも怖いが勝ってしまいましたね。

東京五輪・パラリンピックに合わせて東京都などが主催し、現代アートチーム「目〔me´〕」が企画したプロジェクト。

チームのメンバーが中学生の頃に見た夢をヒントにしており、タイトルは「まさゆめ」。

引用:讀賣新聞

チームのメンバーが中学生の頃に見た、人間の顔が月のように浮かぶという夢から着想されたもので、1000名以上の膨大な顔の応募のもとで作られた実在する人物の巨大な顔モニュメントでした。

巨大な人の顔バルーン(気球)は渋谷区の場所はどこで浮遊している?

巨大な人の顔バルーン(気球)は渋谷区の場所はどこで浮遊しているのか気になりました。

場所は渋谷区で神宮寄りの場所から見られるようですね。

ライブカメラで逐一、巨大な人の顔バルーン(気球)を眺めることができます。

ちなみに常に巨大な人の顔バルーン(気球)は上がっていなくて、定期的に下ろしているようです。

風や雨の影響でいつでも見られるわけじゃないようですね。

巨大な人の顔バルーン(気球)のベストショット場所はどこ?

巨大な人の顔バルーン(気球)のベストショット場所はどこなのでしょうか?

渋谷区周辺情報を中心に調査してみました。

2021年7月16日の場合、代々木公園付近が一番のベストショットなようですね。

ちなみに画像が撮影された場所は代々木公園の時計塔でした。

巨大な人の顔バルーン(気球)の展示期間はいつまで?

巨大な人の顔バルーン(気球)の展示期間はいつまでなのでしょうか?

本プロジェクトは7月16日(20時まで。天候により変更の可能性あり)のみの開催。今後の再開催については未定だが、目[mé]は「もし、もう一度顔が浮かぶことがあれば、その出会いをぜひ体験してもらいたい」としている。

引用:美術手帖

7月16日の20時までとの情報がありました。

たった1日で終わるなんてもったいないですね。。。。。

また展示して欲しいと思います。