CM

サントリー天然水2021CMの曲(ソング)の男性歌手は誰?女優も気になる

サントリー天然水2021年CMソング(曲)の歌っている男性歌手や出演している女優さんが誰なのか気になりました。

ピッピ
ピッピ
サントリー天然水の曲いい曲だな~~
コッケ
コッケ
天然水CMの女優さんってこの恋あたためますかの女優さんだー!!

素敵な曲と女優さんの演技に引き込まれるCM作品ですよね。

今回は

『サントリー天然水2021CMの曲(ソング)の男性歌手は誰なのか』

『サントリー天然水2021CMの女優は誰なのか』

調べていきました。

サントリー天然水2021CMの曲(ソング)の男性歌手は誰?

サントリー天然水2021CMの曲(ソング)の男性歌手は折坂悠太さん

サントリー天然水2021のCMソングを歌っている男性歌手が気になり、調べたところシンガーソングライターの折坂悠太さんという方が歌われています。

曲名は『さびしさ』で声が特徴的で癒される楽曲ですよね。

名前 折坂悠太(おりさか ゆうた)
生年月日 1989年9月
年齢 31歳
出身地 千葉県
職業 シンガーソングライラー

折坂悠太さんは鳥取県生まれ、千葉県育ちの31歳でした。

2016年9月に発売したアルバム『たむけ』でデビューし、数々のドラマやCMの曲にタイアップされていて、ここ最近爆発的に人気が出ているアーティストなようです。

業界関係者から注目されていて、宇多田ヒカルさんからは『折坂さんの曲を何度も聞いていて、特に”あさま”という曲には衝撃を受けた』と答えています。

たしかに折坂悠太さんの曲は独特で心に響くような曲が多くファンからも泣けるとの声も

人の心を揺さぶる曲を作れるアーティストってすごいですよね。




折坂悠太さんの楽曲のタイアップ作品は?

折坂悠太さんの楽曲が今までに使われたタイアップ作品を調べていきました。

  • ノーリツ TVCM 『湯気ひとすじ』(2019年)
  • ドラマ監察医 朝顔 主題歌 『朝顔』(2019年)
  • 映画 泣く子はいねぇが 主題歌『春』(2021年)
  • ドラマ監察医 朝顔シーズン2挿入歌『鶫(つぐみ)』(2021年)

2019年を皮切りにCMやドラマ、映画とタイアップに抜擢されていますね。

特に監察医朝顔の主題歌である『朝顔』はとても素敵な楽曲です。

一発撮りのパフォーマンスであるFIRST TAKEの登場し『朝顔』を熱唱されています。

『何度聞いても感動する』、『ドラマからこの曲が流れると胸が締め付けられる』など感動の声が多く上がっていて、聴く人の心を揺さぶる楽曲ですよね。

今後さらにタイアップも増えそうな要チェックアーティストです!


サントリー天然水2021CMの女優は誰?

サントリー天然水2021CMの女優は石橋静河さん!

サントリー天然水2021のCMで雨の中を走っている女優さんは石橋静河さんです。

名前 石橋静河(いしばし しずか)
生年月日 1994年7月8日
年齢 26歳
出身地 東京
特技 英会話、ダンス

石橋静河さんは東京都出身の26歳で大人っぽい表情のせいかもうちょっと歳年齢が上な感じがしますよね。落ち着いた雰囲気もあり、大人っぽく感じるのかな?

女優デビューは2015年頃からで有名な出演作品はこちらです。

<映画>

  • 夜空はいつでも最高密度の青色だ 主演 美香役 (2017年)
  • きみの鳥はうたえる ヒロイン 佐知子役 (2018年)

<ドラマ>

  • 東京ラブストーリー ヒロイン 赤井リカ役 (2020年)
  • この恋あたためますか 北川里保役 (2020年)

ヒロインや主演級の役を多く演じている女優さんでした。

デビューしてまだ6年ほどですが、演技に定評があり、2017年には映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』で新人賞を受賞されるほどでした。

私は『この恋あたためますか』で石橋静河さんを知っていましたが、ドラマ中に何度も演技力の高さで作品に引き込まれました。

ドラマ出演も続いているので業界関係者からも大注目の女優さんなのではないでしょうか。

石橋静河さんの父親と母親は芸能人!?

石橋静河さんはなんと両親共に芸能人という一家でした。

父親は俳優の石橋凌さんで、母親は原田美枝子さんでした。

大物俳優と女優の娘ということで『2世』でした。

ただ2世ではありますが、両親の七光りではなく実力で作品の役を勝ち取っている感じがしてとても好感を持てますよね。

また兄弟は兄と姉がいるようで、姉はシンガーソングライターの優河さんです。

ユニクロのCMでは姉妹共演され話題になっていました。


CMの最初に笑い合っているのが石橋静河さんと優河さんです。

姉妹共に美人ですね。



石橋静河さんは元ダンサーだった?

今でこそ石橋静河さんは女優として第1線で活躍されていますが、元々女優を目指していたわけではなかったそうです。

石橋静河さんは4歳からクラシックバレエを始め、15歳の時にボストンのバレエスクールに留学されています。

バレエを始めた当初は『下手くそ』、『バレエ向いていない』など非難されることもあったそうですが、悔しさをバネに練習を続けてきた努力家でした。

帰国後はバレエダンスのスキルを活かし、コテンポラリーダンサーととして活動を開始しますが『もっといろんな人、いろんな面白いことに出会いたい』と考えるようになったとか。

そして現在の事務所から『芝居をやってみては』と声をかけられ女優としてデビューされています。

バレエやコテンポラリーダンスどちらも表現力が必要です。

小さい頃から表現の世界で生きてきた石橋静河さんだからこそ、女優として高い演技力があるのではないかと思いました。

また『バレエ向いていない』と言われても諦めず、バレエを続けていてとても根性がありますよね。

女優に転身ても努力を忘れず、演技を磨いていたからこそ、主演やヒロイン役のオファーが舞こんでいるのでしょうね。

素敵な女優さんなので今後も応援していきたいです!