トレンド

河村たかし(名古屋市長)の経歴がヤバイ?議員秘書をクビになった衝撃過去が発覚!

2021年8月5日の読売新聞でソフトボール女子代表・後藤希友(みう)選手の金メダルを無断でかじったとして名古屋市長・河村たかしさんに非難が殺到していると報じています。

この件に関して世間やアスリート、そして大企業のトヨタ自動車から非難の声が上がる始末でした。

しかし河村たかし市長(名古屋市長)の経歴を見ると『かじる行為は最大の愛情表現だった。迷惑をかけているのであれば、ごめんなさい』とあまり悪びれず謝罪する姿勢に納得してしまうほどの鋼のメンタルを持たれていました。

今回は河村たかしさん(名古屋市長)の経歴についてや議員秘書をクビになった過去について調べていきました。

ソフトボールの後藤希友選手の金メダルをかじった名古屋市の河村たかし市長に非難殺到!愛情表現だったとコントするも大炎上!

2021年8月5日の読売新聞でソフトボール女子代表・後藤希友(みう)選手の金メダルを無断でかじったとして名古屋市長・河村たかしさんに非難が殺到していると報じています。

名古屋市出身の後藤選手は4日、河村たかし市長を訪問して金メダル獲得を報告。河村市長が後藤選手からメダルをかけてもらった際に突然かじり、周囲をあわてさせた。

SNS上に「非常識だ」などの批判コメントが多数書き込まれたほか、市役所にも「感染対策を訴えているのにいかがなものか」「選手に失礼だ」などの苦情が数多く寄せられたという。

引用:讀賣新聞

アスリートが頑張って獲った金メダルを勝手にかじるって・・・・・非常識すぎますよね。

選手へのリスペクトに欠けた行動でドン引きしました。

そしてアスリートからも非難の声がSNSを通して発表されてる始末。

<フェンシング元日本代表の太田雄貴さん>

「選手に対するリスペクトが欠けている上に、感染対策の観点からもセレモニーさえも自分自身やチームメイトでメダルをかけたりしたのに、『噛(か)む』とは。ごめんなさい僕には理解できません」

<バドミントンで銀メダリスト藤井瑞希さん>

「口いっぱいにメダル入れられた、、たぶんボケかましてきたんだと思うけど、本当泣きそうなった」

引用:讀賣新聞

スポーツ界からも非難が殺到。

そして選手あるあるなのか後藤選手の他にも金メダルをかじられて辛かったと答える選手まで。。。

また後藤希友(みう)選手の所属先であるトヨタ自動車からもコメントがあり『あるまじき行為』市長を非難されていました。

選手や市民、そして大企業を敵に回した河村たかしさんは一体どんな人物なのでしょうか?

河村たかし(名古屋市長)の経歴は?

河村たかしさんのプロフィールはこちらです。

名前 河村たかし
生年月日 1948年11月3日
年齢 72歳
出身地 愛知県名古屋市
最終学歴 一橋大学商学部
職業 現・名古屋市長

河村たかしさんは愛知県出身の72歳で名古屋市長を4期するなど人気のある市長でした。

簡単に分かりやすく経歴をまとめてみました。

1948年 名古屋市東区古出来で長男として生まれる。元々は河村隆之で、のち戸籍名を変えて「河村たかし」となった。
大学まで 名古屋市立桜丘中学校→愛知県立旭丘高等学校→一年浪人→)一橋大学商学部卒業
社会人 家業の古紙回収業・卸売業の河村商事株式会社に入社。リサイクルブームで2017年現在従業員90名の中小企業まで成長。
1975年 27歳の時に大学時代に知り合った妻と1975年に結婚。
1977年 29歳から昼間は家族を養うため家業に専念しつつ、夜は検事を目指し法律学校の夜学に通い10年間猛勉強。
司法試験失敗 10年間勉強し、旧司法試験を9回受験したが、いずれも不合格となり断念
1983年 人生再チャレンジをできる社会を実現するため政治家を志すように。愛知県議会議員選挙に立候補するも落選。
1992年 その後も政治家を目指し選挙に立候補するも落選の連敗。所属事務所を転々とする。1992年の44歳のとき、日本新党公認で出馬した衆議院選で初当選。その後も衆議院選で何度も再選を果たす
2009年 名古屋市長選挙へ出馬し当選。以降名古屋市長を歴任している

河村たかし市長は意外と苦労人であることが分かりますね。

法律の勉強も10年して実らなかったり、政治家も初めの頃は全く当選されていませんでした。

しかし諦めず何度も挑戦することで現在の名古屋市長として活躍できるようになっています。

河村たかし(名古屋市長)は議員秘書をクビになった衝撃過去が発覚!

そんな河村たかし市長は所属政党を何度も変わっています。

民主党→自由民主党→日本新党→新進党→自由党→無所属→民主党→無所属→減税日本

政治家で所属政党を変わるのはよくあることですが、河村たかしさんはかなり多いですよね。

また政治家を目指すために、民社党委員長春日一幸さんの議員秘書になったことがありますが、春日一幸さんの逆鱗に触れ民社党を除名となった過去がありました。

これはいわゆる『クビ』です。

なぜクビになったのか調べて見るとこちらです。

春日一幸氏の私設秘書のとき、春日氏に春日氏の後継者になりたいと言ったところ、春日氏は、自分はあと1期で引退するから、自分の娘と結婚しろといったそうだ。

でも河村氏はこのときすでに妻も子もあるので、丁重に断ったところ春日氏は憮然としたそうだ。その後あるとき春日氏と昼食をしているとき突然春日氏から「次の選挙は婿がやるので、お前は迷惑になったから、やめてくれ。秘書の辞職願と民社党の離党届をだせ」といわれた。

引用:https://blog.goo.ne.jp/kyujiu/e/32e12ad3887219ce03c73227a3d94a87

理不尽な春日一幸さんの当てつけでクビになってしまったようですね。

挫けず衆議院を目指し当選されているので鋼のメンタルを持っているに違いありません。

【関連記事】河村たかし(名古屋市長)の評判が金メダルかじりで急落!?

金メダルかじりで話題の名古屋市長の河村たかしさんですが、地元名古屋市民からは『次は絶対に投票しない』など評判が下がっていることが分かりました。

【関連記事】

また河村たかし市長に金メダルを噛まれた東京五輪女子ソフトボールの後藤希友選手は今回の件にコメントや反応はあったのでしょうか?

【関連記事】

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。