ニュース

白金高輪駅硫酸事件の犯人と被害者の関係性は?狙われた理由や原因は恨みによるものなのか調査

8月25日にTBSニュースでは昨日24日午後9時に白金高輪駅で犯人男性が22歳の会社員男性に硫酸をかけ逃走する事件が発生したと報じています。

犯人男性は被害者である22歳会社員男性を改札前から尾行しており、出口に近づくほど距離を近づけ犯行にいたったことが判明!

そしてニュースでは犯人が被害者である22歳会社員男性を狙って犯行に及んだ可能性が高いと発表しているようで、2人の関係性が気になりました。

今回は白金高輪駅硫酸事件の犯人男性被害者(22歳会社員男性)関係性はあったのか?

また被害者男性が狙われた理由や原因は恨みによるものなのか調査していきました。

東京都の白金高輪駅で硫酸をかけられる事件が発生!犯人は電車を利用し現在も逃走中!

8月25日にTBSニュースでは白金高輪駅で犯人男性が22歳の会社員男性に硫酸をかけ逃走した事件の新情報を報道されていました。

きのう午後9時すぎ、男が突然、会社員の男性(22)に向かって液体をかけました。簡易鑑定によると、液体は硫酸だということです。

男性は、顔や背中などをやけどし6か月の重傷で、「目が開けられない」と話しているということです。男は、改札口付近から、距離をとりながら男性のあとをつけていたとみられていて、犯行直前に距離を詰め、追い抜きざまに“硫酸”をかけたということです。

 警視庁は、男が男性を狙って犯行に及んだ可能性が高いとみて、傷害の疑いで行方を追っています。

引用:TBSニュース

顔に向かって硫酸をかけ、顔に大やけどを負わせるという卑劣な事件内容でした。

被害に受けた男性は病院への搬送前に『目が開けられない』と語っていたそうで、全治6か月の重傷とのことでした。

今回の事件を分かりやすく流れでまとめてみました。

8月24日 午後9時ごろ、港区の東京メトロ・白金高輪駅構内のエスカレーターにて

↓↓

22歳男性会社員が上りエスカレーターに乗る

↓↓

硫酸を隠し持った犯人は22歳男性会社員を改札口から後をつけ、エスカレーターの後ろに乗る

↓↓

エスカレーターが出口へと昇っていく

↓↓

犯人がエスカレータの階段を上り、踊り場で22歳男性会社員を追い抜かす

↓↓

犯人が22歳男性会社員を追い抜きざまに硫酸を顏にかける

↓↓

22歳男性会社員は硫酸をかけられ転倒

↓↓

22歳男性会社員の後ろにいた34歳女性も転倒し、足に硫酸がかかる

↓↓

犯人は白金高輪駅出口から逃走

↓↓

その後、おそらく違う駅から電車に乗り逃走

また新情報として犯人は違う駅から電車に乗って逃走したのではないかと報道されています。

きのう夜、東京・港区の白金高輪駅で、男が突然、男性に硫酸とみられる液体をかけ、逃走しています。その後の取材で、男が電車を使って逃走したとみられることが新たにわかりました。現場から報告です。

 白金高輪駅の出口から、さらに下に降りた先にあるエスカレーターで事件が起きました。男は犯行後、こちらの出口から、大通りのある北の方向へ逃走したとみられることがわかっていますが、捜査関係者への取材で、その後、電車を利用したとみられることが新たにわかりました。

引用:TBSニュース

最初から電車に乗って逃走しようという計画が犯人の中にあったのでしょうね。

犯人の情報はこちらです。

名前:不明

性別:男性

年齢:30代~50代

身長:175㎝

服装:黒の上下&帽子

防犯カメラの映像ですが、ガタイの良い男性であったことが分かります。

元体育会系と言われるとシックリくる男性で、体格に似合わない犯行内容でした。

白金高輪駅硫酸事件の犯人と被害者の関係性は?知人や友人の可能性を調査!

今回気になったのが硫酸をかけた犯人と被害者の関係性ですよね。

TBSニュースでは犯人と被害者の関係性を匂わせるような記事内容でした。

男は、改札口付近から、距離をとりながら男性のあとをつけていたとみられていて、犯行直前に距離を詰め、追い抜きざまに“硫酸”をかけたということです。

 警視庁は、男が男性を狙って犯行に及んだ可能性が高いとみて、傷害の疑いで行方を追っています。

引用:TBSニュース

いかにも犯人と被害者がなんらかの関係性があったように感じますよね。

またニュースや報道を読むと犯人と被害者が面識がなかったという記載は見つかっておらず以前から関係のある人物だった可能性もあるのではないでしょうか?

現段階で犯人と被害者の関係性については情報がないので分かりませんでした。

ただ個人的な推測ですがこちらです。

被害者:年齢22歳会社員

犯人: 年齢30~50代と不明

<犯人と被害者の関係性は?>

  • 友人や知人、顔なじみであった
  • 親族や遠い親戚など血縁関係があった
  • 会社の関係者
  • 22歳会社員の恋人の知人や友人などの関係者
  • 恋人やカラダの関係があった

想像できる関係性を並べてみました。

年齢差は不明ですが、短くても10歳違いはある断定して考えると知人や友人の可能性は低いと思います。

また防犯カメラ映像からバレてしまうとしたら血縁関係系も排除されるかもしれませんね。

白金高輪駅硫酸事件の犯人に被害者が狙われた理由や原因は?恨みによるものなのか調査!

白金高輪駅の硫酸事件で犯人と被害者にまったくの関係性がない見ず知らずの無差別事件だった場合、なぜ22歳の男性会社員が改札口から後をつけられ、硫酸がかけられたのか気になりました。

この場合、犯人は被害者となる獲物を電車内で物色し、狙いを定めていることになりますよね。

無差別殺人の犯人の心理として自分よりも弱い人を狙うことが多いそうです。

それもあり被害者として狙われやすいのが『高齢女性』『少女』『大人の女性』など圧倒的に女性が狙われるとか。

しかし今回の犯行は『男性』を狙った犯行でした。

なので犯人は22歳男性に個人的な恨みがあったのか、それか若い男性全体に対して恨みがあったのか、どちらなのかではないでしょうか。

犯人の素性が分からないので断定できませんが、22歳男性を狙った理由が隠されていると思います。

白金高輪駅硫酸事件についてさらに詳しく知りたい!関連記事を紹介!

白金高輪駅硫酸事件について色々な関連記事を紹介しています↓

【関連記事】

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。