ニュース

【白金高輪駅硫酸事件】被害者男性の現在の顔画像は?容態(状態)や会社員22歳で新卒だったのか調査!

2021年8月25日にABEMA TIMESで東京都白金高輪駅で起きた昨日の事件が報道されていました。

8月24日午後9時ごろに東京メトロ・白金高輪駅構内のエスカレーターで、男が会社員男性(22)に突然、硫酸をかける事件が発生!

被害者男性はすぐに病院に運ばれましたが、全治6か月の重傷であったことがわかりました。

今回は白金高輪駅硫酸事件の被害者男性の現在の顔画像はあるのか?

また現在の容態や状態についても調べていきました。

東京の白金高輪駅で20代男性会社員に硫酸をかけた犯人が逃走!港区は現在も警戒中!

2021年8月25日にABEMA TIMESで東京都白金高輪駅で起きた昨日の事件が報道されていました。

東京・港区の地下鉄白金高輪駅で、男が男性の顔に硫酸とみられる液体をかけて逃走した。警視庁は男の画像を公開して行方を追っている。

 きのう午後9時ごろ、港区の東京メトロ・白金高輪駅構内のエスカレーターで、男が会社員の男性(22)に突然、硫酸とみられる液体をかけた。男性は顔や背中にやけどを負い、近くにいた女性(34)も液体を踏んで転倒し、足にやけどを負った。

引用:ABEMA TIMES

衝撃的すぎる内容の事件で驚きしかありませんでした。

駅から家に帰ろうと思ったら突然、見ず知らずの人に硫酸をかけられ・・・・・・テロに近いような犯行で通り魔的な恐怖です。

近隣の住民からは『早く捕まってくれ』という声も多く、犯人が再度事件を犯さないか心配で夜も眠れません。

今回の犯行を簡単に時系列にまとめてみました。

8月24日 午後9時ごろ、港区の東京メトロ・白金高輪駅構内のエスカレーターにて

↓↓

22歳男性会社員が上りエスカレーターに乗る

↓↓

硫酸を隠し持った犯人が22歳男性会社員の後ろに乗る

↓↓

エスカレーターが出口へと昇っていく

↓↓

犯人がエスカレータの階段を上り、22歳男性会社員を追い抜かす

↓↓

犯人が22歳男性会社員を追い抜きざまに硫酸を顏にかける

↓↓

22歳男性会社員は硫酸をかけられ転倒

↓↓

22歳男性会社員の後ろにいた34歳女性も転倒し、足に硫酸がかかる

↓↓

犯人は白金高輪駅出口から逃走

被害を受けた男性は大丈夫なのでしょうか?

調べてみると被害者男性は搬送の際に『目がみえない』と語っていたそうです。

男性は搬送の際、「目が見えない」と話していましたが、その後の捜査関係者への取材で、男性は顔や背中などに全治約6カ月のやけどを負っていることが分かりました。

引用:テレビ朝日

またテレビ朝日のニュースでは全治6か月の重傷であったことも分かっています。

東京の白金高輪駅で硫酸をかけられた被害者男性(20代会社員)の現在の顔画像は?会社員22歳で新卒だったのか調査!

白金高輪駅で硫酸をかけられた被害者男性について調べていきました。

塩酸をかけられた直後、病院に搬送される際の動画がありました。

開始位置45秒からです。

モザイクはかかっていますが、顔中に包帯がグルグル巻きにされているのが分かります。

画像ではこちらです。

被害者男性の現在の顔画像についてですが、公開されておらず情報はありませんでした。

しかし包帯をグルグル巻きにされ、全治6か月の重傷ということで想像するだけでもかなり酷い状態なことがわかりますよね。

被害者男性について分かっていることはこちらです。

  • 年齢:22歳
  • 職業:会社員
  • 性別:男性

年齢が22歳ということで情報はありませんが、もしかしたら新卒社員だった可能性も。

また東京メトロ白金高輪駅の出口に向かっていた、そして時間帯が9時頃ということで会社の帰宅途中だったのではないでしょうか。

被害者男性と犯人の関係については情報がないので、見ず知らずの通り魔的な犯行が予測できます。

東京の白金高輪駅で硫酸をかけられた被害者男性(20代会社員)の現在の容態や状態は?6か月の重傷で今後顔はどうなるのか調査!

白金高輪駅で硫酸をかけられた被害者男性(20代会社員)の現在の容態や状態について調べていきました。

硫酸をかけられた後の顔画像などは公開されていませんが、過去に同様の被害を受けた方の情報がありました。

画像はこちらです。※閲覧注意

海外では『アシッドアタック』と呼ばれていて、硫酸、塩酸、硝酸などの劇物を他者の顔や頭部にかけて火傷を負わせる被害のことを指します。

特にヨーロッパで多く被害者を増やしており、2010年から2016年まで1900件以上の報告があるとか。

日本では1957年に当時19歳の美空ひばりさんが顔に塩酸の入った瓶を投げつけられ、全治3週間の火傷を負わせる事件もありました。

被害者の整形手術を務めたことがある医師によると、腐食性物質による傷は回復までに何年もかかり、数えきれないほどの手術を必要とするという。

引用:REUTERS

今回の事件被害者の容態や状態に関して情報が現段階でありませんが、全治6か月ということで顔の火傷はかなりひどいことが推測されます。

火傷してしまった皮膚に関しては回復までに何年もかかり、皮膚移植など数えきれない手術が必要になるそうです。

そして元の顔の状態に戻ることはないとのこと。

危険な硫酸や硝酸を簡単に販売できないような処置をして、被害者が増えないように変えていって欲しいですね。

白金高輪駅硫酸事件についてさらに詳しく知りたい!関連記事を紹介!

白金高輪駅硫酸事件について色々な関連記事を紹介しています↓

【関連記事】

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。