アニメ

さいとうたかを(ゴルゴ13の作者)は結婚していて嫁や子供はいた?娘は漫画家としてデビューしているのか調査!

2021年9月29日にオリコニュースではゴルゴ13の作者”さいとうたかを先生”が死去されたことを報じています。

すい臓がんのため84歳逝去されご冥福をお祈りします。

ゴルゴ13はとても有名漫画ですが、作者さいとうたかを先生の私生活については全く知りませんよね。

今回は気になるさいとうたかを先生は結婚していて嫁や子供はいたのか?

娘は漫画家としてデビューしているのか調査していきました。

ゴルゴ13の作者さいとうたかをがすい臓がんで死去!『だが、物語は続く』で話題に!

2021年9月29日にオリコニュースではゴルゴ13の作者”さいとうたかを先生”が死去されたことを報じています。

『ゴルゴ13』などの作品で知られる漫画家さいとう・たかをさんが、すい臓がんのため24日午前10時42分に亡くなった。84歳。

なお、さいとうさんの生前の遺志により、『ゴルゴ13』は今後も、さいとう・プロダクションや脚本スタッフなどが協力し連載を継続することも発表された。

引用:オリコニュース

ゴルゴ13の作者”さいとうたかを先生”が死去ということで世間からは悲しみの声が多く寄せられています。

ピッピ
ピッピ
ゆっくりお休みになってください。
お疲れ様でした。
コッケ
コッケ
ゆっくりお休みになってください。
お疲れ様でした。

ネットではお悔みのメッセージやゴルゴ13の最終回についてどうなるのかとコメントも!

「さいとう氏は生前から「自分抜きでも『ゴルゴ13』は続いていってほしい」という、いわば分業体制の究極とも言えるご希望を持たれ、さいとう・プロダクションを、そのような制作集団として再構築されました」と説明した。

引用:オリコニュース

漫画家には珍しい分業体制をされていて、作者が亡くなっても継続して執筆が続くようになっているとか。。

ゴルゴ13は2021年現在、既刊202巻といつ最終回になるのか・・・・?

ファンの間には金庫にさいとうたかを先生が執筆したゴルゴ13の最終回が保管されているなど都市伝説もあるそうです。

また今回のニュースで気になったのはさいとうたかを先生の私生活です。

嫁(妻)や子供がいたのか気になったので調べていきました。

さいとうたかを(ゴルゴ13の作者)は結婚していて嫁(妻)や子供はいた?2回も離婚していて子供は3人いた?

さいとうたかを先生の私生活について気になり、結婚しているのか調べていきました。

調べてみたところ今までに3回結婚していたとの情報がありました。

漫画家ということで詳しい情報は少ないですが、3回結婚し、2回離婚されていたようです。

結婚した嫁(妻)3人は芸能関係者はおらず一般女性です。

ピッピ
ピッピ
さいとうたかを先生は私生活は派手な方だったのかな?
コッケ
コッケ
漫画家って大変な仕事だから結婚のイメージないなー。

ちなみに有名漫画家で結婚している方はこちらです↓

弘兼憲史(島耕作シリーズ)×柴門ふみ(恋する母たち)

富樫義弘(ハンター×ハンター)×武内直子(セーラームーン)

鳥山明(ドラゴンボール)×みかみなち

漫画家同士の結婚も多いようです。

また有名先生は多く結婚されているようですが、忙しい仕事のためすれ違いが原因で離婚するケースも多いそうです。

海月姫や東京タラレバ娘の作者で人気作家の東村アキコ先生はさとうたかを先生と同じく2度離婚され、原因として『仕事の忙しさからすれ違いで・・・・』と発表されていました。

さいとうたかを先生も離婚を2度もしたので、分業体制を作ったとも考えられそうでうね。

さいとうたかを(ゴルゴ13の作者)元嫁(妻)は漫画家セツコ・山田?娘はプー&すーで活動している?

さいとうたかを先生の3回結婚し2回離婚されていることが分かりました。

wikipediaには元嫁(妻)情報がありました。

さいとうのかつての妻であるセツコ・山田による「Sさん一家」が掲載されていた。

引用:wiki

ゴルゴ13のコミックの巻末に元嫁(妻)セツコ・山田さんが描いた漫画が一時期掲載されていたようです。

セツコ・山田さんの情報はこちらです。

(せつこ やまだ、1942年2月3日 – )

東京都港区出身。本名:斉藤節子(旧名:山田節子)。離婚した夫は同じく漫画家のさいとう・たかを。

同人誌即売会「コミックマーケット」に「猫おばさん」のサークル名で参加。娘2人はじゃんぐる堂のぷー&すーとして、同人誌をメインに商業誌でも活動。

引用:wiki

セツコ・山田さんは温かみのあるネコの漫画を執筆されてる方でした。

またさいとうたかを先生には子供が3人で全員娘だとか。

セツコ・山田さんの間にできた娘2人はぷー&すーとして同人誌で活動しているようです。

親子で猫の漫画を執筆し、同人誌直売会などで販売されていました。

さいとうたかを(ゴルゴ13の作者)は結婚情報よりも気になるニュースを紹介!

【関連記事】