イベント

ローカルグリーンフェスティバル2021中止や延期の可能性が高い?開催できない理由や原因を調査!

横浜赤レンガ地区野外特設会場にて開催される野外音楽フェス『Local Green Festival’21』通称ローカルグリーン2021は9月4日土曜日~9月5日日曜日の2日間開催されます。

しかしこのご時世の影響もあり、軒並み大型フェスが中止を余儀なくされていますよね。

現段階でローカルグリーン2021は中止や延期についての発表はありませんが、雲行きは怪しいと思います。

今回はローカルグリーン2021の中止や延期の可能性が高いのか?

2021年大型夏フェスで開催中止を発表した理由や原因はなぜなのか調査していきました。

ローカルグリーンフェスティバル2021は本当に開催されるのか不安の声が続出!

野外音楽フェス『Local Green Festival’21』通称ローカルグリーン2021の開催が近づいてきましたね。

開催日は2021年9月4日土曜日~9月5日日曜日の2日間開催されます。

今回のローカルグリーン2021のラインナップがとてもいいですよね。

  • ビッケブランカ
  • The BONEZ
  • ReN
  • 新しい学校のリーダーズ
  • SOIL&”PIMP”SESSIONS
  • cero
  • iri
  • Awesome City Club
  • Rin音
  • Nulbarich など

豪華なラインナップですよね。

そしてローカルグリーンフェスティバルの良さといえば横浜赤レンガとアクセスがしやすいところですよね。

毎年ボタニカルショップが出店するグリーンマーケットも盛況ですよね。

しかしそんなローカルグリーンフェスティバル2021の開催の雲行きが怪しいとの声が増えてきました。

世間ではこのご時世の影響もあり、開催が危ぶまれる状況になっています。

2021年8月22日現在では中止や延期の発表は出ていませんが開催されるのでしょうか?

ローカルグリーンフェスティバル2021中止や延期の可能性が高い?

ローカルグリーンフェスティバル2021は現段階では中止や延期を発表されていません。

しかし個人的に中止や延期の可能性は高いと思います。

理由としてはこちらです。

大型夏フェスが急遽中止になるパターンが続いている
お盆の影響もあり新型コ〇ナ第4波が襲来
地域住民から開催して欲しくないとの声も多く出ている など

ローカルグリーンフェスティバルは横浜中心部で行われるので、フェスに参加しない人もその当日に駅や路上に人が増えて密状態になるのではと敬遠されてしまいますよね。

フジロックフェスティバルは開催されましたが、開催場所が新潟県の南端にある湯沢町・苗場スキー場ということで人口が少なく、土地も広い場所でした。

またフジロックは例年よりも入場者を減らしたり、検温を行ったりと対策もしっかりされています。

ローカルグリーンフェスティバルは現段階で感染対策のガイドラインや感染予防対策も行われていますが、やはり横浜中心部で行われるという部分はネックになりやすいのではないでしょうか。

中止になった2021夏フェスの開催できなかった理由や原因はなぜなのか調査!

また中止になった2021年大型フェスが開催できなかった理由や原因はなぜなのか調査していきました。

8月21、22、28日に香川県で開催されるはずだったモンスターバッシュ2021の中止理由はこちらです。

主催者の株式会社デュークは開催中止の理由について「香川県知事より開催を実施しないようにとの要請を受け、中止を余儀なくされました」と説明。

引用:音楽ナタリー

県知事の要請があり開催の4日前に急遽中止が決定されていました。

また8月7日から開催を予定していた音楽イベント『ロック・イン・ジャパン・フェスティバル 2021』に関してはこちらです。

参加者を例年の半分以下に調整しながら会場である国営ひたち海浜公園、地元自治体の茨城県やひたちなか市との協議の末に開催の承認を得て準備を進めてきた。

しかし、7月2日に茨城県医師会および県下26の医師会などによる中止要請が事務局に対してなされ、仮に開催する場合でも更なる入場制限措置などを行い、参加者の会場外での行動を含む感染防止対策に万全を期すことを要請されたという。

引用:FP

こちらは開催県である茨城の医師会による中止要請が原因でした。

地域住民や県知事の理解がなければ開催はまだまだ難しいようです。

ローカルグリーンフェスティバル2021中止や延期よりも気になるニュースを紹介

ローカルグリーンフェスティバル2021が中止や延期の可能性が濃厚ですが、それよりも気になるニュースを紹介していきます。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。