スパイファミリー

スパイファミリーアニメの2クール目(後編)は原作コミックの何巻まで?漫画の巻数はどこまでやるのか調査!

 

2022年4月にジャンプ+にて連載している『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』がアニメ化することが分かりました。ファンとしていつかアニメ化するだろうな~と思っていましたが、まだ巻数9巻でのアニメ化決定は嬉しすぎますね!それだけアニメ化を熱望するファンや関係者が多いことが分かります。

そして今回は気になるスパイファミリーのアニメについて!2クール目(後編)は原作コミックの何巻まで扱うのか調査していきました!

 

スパイファミリーのアニメが2022年4月9日から2クール放送!土曜日23時からでゴールデンタイム放送すぎると歓喜の声も?

 

2022年4月にジャンププラスにて連載している『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』がアニメ化することが分かりました。個人的にスパイファミリーの原作漫画を読んでいたので嬉しすぎる( ;∀;) アニメでロイドやヨルさん、アーニャを楽しめるなんて・・・毎週必ずリアタイで視聴しようと意気込んでいます(笑)

そんなスパイファミリーのあらすじや感想について個人的にまとめてみたので、ぜひ初見さんは参考にしてみてくださいね!

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!

引用:https://alu.jp/

 

ピッピ
ピッピ
ロイドはスパイで冷酷無常でいなければいけない立場なのに、”偽装家族”を築き一緒に生活をし始めたことで、少しづつ父親らしさに目覚めていく。あくまで任務の一環として家族を持ったはずが、家族の温かさに居心地の良さを感じてしまって・・・(涙) 任務が終れば家族を解散しなければいけないという結末が予想できますが、しっかりと家族愛も描かれているストーリーが面白いし儚い!
コッケ
コッケ
スパイ×殺し屋×超能力者の家族3人がワチャワチャしている痛快コメディ!東西冷戦時代がモデルの舞台で、シリアスな設定なんだけどギャクコメディ要素が強くて面白いよね!

 

そしてアニメに関して新情報として分割2クール放送であることが公式アナウンスされ、おそらく全22話~25話ほど放送されるのではないでしょうか。前編と後編で別れて放送されるとのことですが、どれくらいの話数で一旦切られるのか気になりますね。

アニメのテレビ放送枠などで、あらかじめ2クール放送することを決定していながら、前半と後半に分けて休止を挟んで放送するという方式。 まとめて制作するものの後半部分は続編などのような形で扱われる。

 

ちなみに放送時間に関してですが、テレビ東京系列にて4月9日土曜日23時から毎週放送されることが発表されました。土曜日のしかも23時って・・・ゴールデンタイムじゃないですか‼リアタイ視聴しやすい時間帯でとても嬉しいです( ;∀;) そしてスパイファミリーへの周囲の期待値の高さも伺えますよね(笑)

大体の深夜アニメは24時以降に放送されるのが鉄板。最近だと映画化された呪術廻戦や鬼滅の刃1期も深夜アニメとして24時以降に放送されていました。しかし今回のスパイファミリーは23時に放送するということで、集英社も強気な姿勢を感じますね。

最近だと大人気だった鬼滅の刃2期が23時から放送していたので、鬼滅の刃のような大ヒットも予想されるのでは・・・と勝手に妄想しました(笑)ストーリー的にホームコメディですし、大人や子供が楽しめる人気作品になって欲しいですね。

また個人的に分割2クールの後編である2クール目原作コミックの何巻まで扱うのか?気になりました。アニメの2クール(後編)を見終わったら、原作漫画で早く先が知りたくなるんじゃないかと思います。そこで今回は気になるスパイファミリーアニメの2クール目(後編)は原作コミックの何巻まで扱うのか調査していきました!

 

スパイファミリーアニメの2クール目(後編)は原作コミックの何巻まで?漫画の巻数はどこまでやるのか調査!

 

スパイファミリーのアニメ2クール目ですが、現段階では放送開始されていないので、推測にはなりますが、話数は11話~14話程度放送されるのではないかと思います。ほとんどの2クールアニメが前半12話、後半13話とかそれくらいの話数で放送されているのでスパイファミリーもそれくらいではないでしょうか。

また過去の分割2クール放送されたアニメ作品の1クール、2クール放送の話数を参考にすると・・・12話から13話ぐらい放送されています。

<憂国のモリアーティ>

  • 1クール目 1話~11話
  • 2クール目 12話~24話

<Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season>

  • 1クール目 26話~38話 13話分
  • 2クール目 39話~50話 12話分

 

また前編と後編の再開にかかる期間ですが早くて1か月、遅くても4か月ぐらいと作品によってバラバラでした。この情報をもとに2クール目(後編)でスパイファミリーの原作コミックをどこまで扱うのか?推測すると、

 

  • 1クール目 4巻ボンドが登場するシーンまで
  • 2クール目 9巻クルーズ編完結まで

 

個人的に切りの良いところを探るとこの辺りまで扱うのかなと思います。ちなみに2クール放送の『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』を参考にするとこちら!

  • 呪術廻戦』 24話 コミック8巻の途中まで
  • 鬼滅の刃』 26話 コミック7巻の途中まで

 

大体2クールでコミック7~8巻までの途中ということになるので1クール目(前編)は1~4巻あたりまで、2クール目(後半)は5巻~8巻、9巻くらいまで扱われる可能性が高いと考えられます。人気次第では映画化の話もあるかもしれませんね。

また個人的になぜ分割2クール方式をとるのか?調べてみるとYahoo知恵袋にて

今のアニメはBD・DVDを売って初めて利益がでる(売れなければ赤字になる)パッケージ商品です。
良識的な製作者はできるだけ予算内でクオリティーの高い作品(商品)を作りたいと考えています。
その為に(特に時間の掛る作画の)質を高水準で維持したいと考えています。

最近の例を挙げると「Fete/Zero」は連続2クール放送の予定でしたが、放送直前にプロデューサーが現場状況を見て後半のクオリティー維持ができないと判断し、結果的に分割2クール放送となりました。
そのプロデューサーの期待に応えるため、あおきえい監督以下のスッタフが「絵合わせで音楽を発注する」など通常映画で行う方法をとることも出来ました。

先の質問の回答者様の回答が最も正しいと私は思いますが「クオリティーが上がる」のではなく、あくまで「クオリティーを維持したい」という製作者側の思いが、結果として「クオリティーを上げている」と思っています。

引用:Yahoo知恵袋

 

予算的な問題ではなく、あくまでクオリティを維持したいなど製作側の思いで分割2クールになるようですね。スパイファミリーは製作側も音楽もこだわって作られているので、分割2クールの体制がとられたのではないでしょうか。

 

アニメ化に力を入れているのはファンとしてとても嬉しいですね。早く放送が始まるのをワクワクしながら待ちたいと思います。