スパイファミリー

スパイファミリーアニメの監督は誰?古橋一浩で経歴や過去担当した作品を調査!

 

2022年4月にジャンプ+にて連載している『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』がアニメ化することが分かりました。ファンとしていつかアニメ化するだろうな~と思っていましたが、まだ巻数9巻でのアニメ化決定は嬉しすぎますね!それだけアニメ化を熱望するファンや関係者が多いことが分かります。

そして今回は気になるスパイファミリーのアニメについて!監督を務めるのは誰なのか?調べていきました!

 

スパイファミリーのアニメが2022年4月から2クール放送!ロイドの声優は江口拓也さんでファンから歓喜の声も!!

 

2022年4月にジャンプ+にて連載している『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』がアニメ化することが決定しました!個人的にスパイファミリーの原作コミックを読んでいたので、嬉しすぎる( ;∀;)

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!

引用:https://alu.jp/

 

ピッピ
ピッピ
ロイドはスパイで冷酷無常でいなければいけない立場なのに、”偽装家族”を築き一緒に生活をし始めたことで、少しづつ父親らしさに目覚めていく。あくまで任務の一環として家族を持ったはずが、家族の温かさに居心地の良さを感じてしまって・・・(涙) 任務が終れば家族を解散しなければいけないという結末が予想できますが、しっかりと家族愛も描かれているストーリーが面白いし儚い!
コッケ
コッケ
スパイ×殺し屋×超能力者の家族3人がワチャワチャしている痛快コメディ!東西冷戦時代がモデルの舞台で、シリアスな設定なんだけどギャクコメディ要素が強くて面白いよね!

 

スパイファミリーはジャンププラスで連載され、連載当初から異例の大人気!!コミックスは8巻までで1250万部突破されています!アニメ化なし&無料で最新話が読めるのにも関わらず、1250万部越えってスゴイ!!それだけにアニメも期待値が高いですよね~!個人的に予告動画見て、 『キャラの声にピッタリな声優さんが起用されている。嬉しい!!』と思いました。そんなスパイファミリーの声優キャストはこちらです↓

  • ロイド・フォージャー 江口拓也さん
    アーニャ・フォージャー 種﨑敦美さん
    ヨル・フォージャー 早見沙織さん

引用:スパイファミリーアニメ公式HP

 

お三方全員が人気で実力のある声優さんですね。個人的にロイド役の声優が江口拓也さんなのがイメージに合っていました。低音な声が素敵ですよね。

ピッピ
ピッピ
ロイド江口さんがとても楽しみ
スパイファミリー楽しみ
コッケ
コッケ
あ!そういえばスパイファミリーの
ヨルさんcv早見沙織さんもめちゃくちゃ
公式とファンの見解の一致してたな

 

アーニャの声も可愛らしいですし、腹黒い部分もしっかりと演じてくれそう!そして声優にもこだわっていますし、アニメ化への期待値が高いことも分かりますね!個人的にはユーリやダミアンなどの人気キャラの声優も誰なのか早く知りたいですね~!!

また個人的に今回のアニメ放送の製作側キャストも気になります。特に作品に大きく関わりのある監督は誰なのでしょうか?調べていきました!

 

スパイファミリーアニメの監督は誰?古橋一浩監督で経歴や過去担当した作品を調査!

 

スパイファミリーアニメの監督を務める人物は誰なのでしょうか?スパイファミリーのアニメ化は分割2クールですし、期待値が高い分有能なできる監督が担当していそうですよね。またほとんどの人がアニメ監督に興味を持たずスルーされがちですが、、監督ってかなり重要なポジションで作品に大きな影響を与えています。アニメ監督の仕事内容をみると分かるんですが、仕事量が多い!そして作品の核となる脚本やストーリー構成なんかも携わっています。

アニメ作りの全てを指揮して監督する仕事
アニメ監督とは アニメ作りの全ての行程を指揮して統括する責任者 のことです。 脚本家とアニメの構成やストーリーを練り、絵コンテに仕上げた後、作画や原画、背景美術、演出などの 制作スタッフと打ち合わせを行い制作内容を指示 します。

引用:https://www.tech.ac.jp/

 

ピッピ
ピッピ
監督の力量によって作品の演出面や作画レベルって大きくかわるよね!
コッケ
コッケ
アニヲタだから監督までチェックしてしまう(笑)

 

ベテランで人気監督さんが担当していると地味に嬉しいですよね。そんなスパイファミリーの監督について調べると”古橋一浩監督”で有名作品を多く手掛けるベテランな方でした!

名前 古橋一浩(ふるはし かずひろ)
生年月日 1960年6月9日
年齢 61歳
出身地 静岡県浜松市
職業 アニメ監督、演出家

 

古橋一浩監督は監督歴40年の大ベテランで作画監督デビューは1981年『うる星やつら』でした。主な担当作品をまとめるとこちら!

<監督作品>

  • るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
  • HUNTER×HUNTER
  • GetBackers-奪還屋
  • シュヴァリエ 〜Le Chevalier D’Eon〜
  • RD 潜脳調査室
  • あまつき
  • 将国のアルタイル
  • どろろ など

 

話題作や人気作を多く手掛けている監督さんですね。またアニメーターとして長年スタジオディーンの製作作品に関わっていたとか。また古橋一浩監督の評価に関してはこちら!

絵コンテが緻密。古き日本映画を思わせる、情景を実写化したような写実的演出が特徴。キャラクターの情感にこだわった詳細な表情カメラワークをはじめ、アクション、殺陣の演出などに定評がある。

引用:wikipwdia

 

良い評価がされています。古橋一浩監督なのでスパイファミリーのアニメは良い作品になりそうですね!