ニュース

西田彩(真愛ちゃんの母親)の顔画像を特定?美人なギャルママと近所で評判だったのか調査!

 

2022年2月10日に朝日新聞では岡山市北区花尻で6歳児を女児を虐待した母親の西田彩容疑者と内縁夫の船橋誠二容疑者を逮捕したことを報じています。虐待を受けた真愛ちゃんは『体を布団でぐるぐる巻きにされた状態』で低酸素脳症を発症しで脳死したとのことで、酷い事件ですね。。

そこで今回は犯人である母親の西田彩容疑者の顔画像や人物像について調べていきました!

 

岡山市北区花尻で6歳の女児が虐待され死亡!?病院に搬送される前は布団でぐるぐる巻きにされ低酸素脳症で脳死!

 

2022年2月10日に朝日新聞では岡山市北区花尻で6歳児を女児を虐待した母親の西田彩容疑者と内縁夫の船橋誠二容疑者を逮捕したことを報じています。

岡山市の住宅で5歳の女児を鍋の中に長時間立たせたなどとして母親と内縁の夫が強要容疑で逮捕された事件で、女児は昨年9月に搬送される前、体を布団でぐるぐる巻きにされた状態だったことが捜査関係者への取材で分かった。岡山県警はこの状態で放置され、呼吸が困難になっていた可能性があるとみている。

引用:朝日新聞

 

これは胸糞なニュースですね。子供を持つ母親からしたら、小さな子供が虐待されるだけで心が痛みますし、とても悲しいです。そして今もどこかで虐待されている子供がいると考えると・・・。こういった虐待事件が年々増えていますし、解決方法はないんでしょうかね。

そして今回の真愛ちゃん虐待事件は実の母親である西田彩容疑者と内縁の夫である船橋誠二容疑者によって行われています。

船橋容疑者は容疑を認め、西田容疑者は「私がやったことではない」と否認しているという。

引用:朝日新聞

 

内縁の夫側は認めていますが、西田彩容疑者は今のところ容疑を否認している模様。なんで最近の虐待問題ってシングルマザーと内縁の夫のパターンが多いのでしょうね。。

スキャッピ
スキャッピ
教員です。
児相による一時保護は、怪我がある場合か本人が家に帰りたくないという以外ありません。
しかし、本人から施設に入ることを選ぶことほぼ100%ありません。
虐待をされていても子どもは、親が大好きで、親から離れるのを嫌がります。
無償の愛を注いでいるのは、子の方なんだと気付かされます。
ゴシッポ
ゴシッポ
子どもは親以外が自分の面倒を見てくれるとは思えませんからね。
この世の中で親しか頼る存在はいないと思って慕っているにもかかわらず邪魔な存在としか思わない瞬間に虐待が生じているのでしょう。

 

世間からは今回の虐待問題で様々な意見が寄せられています。コメントにあるように、小さい子供からしたら母親が全てと考えてしまうのは納得ですよね。どんなに周りが助けようと手を差し出しても、母親から引き放される子供側からすれば不安で拒否してしまいます。法律的な部分が変わらない限り、虐待問題の根絶は現状難しいのではないでしょうか。

また西田真愛ちゃんの死因が外傷性ではなく、脳死な点も気になりますね。ニュースには『体を布団でぐるぐる巻きにされた状態だった』と書かれており、それが原因で低酸素脳症を発症。そして意識を失った娘を見て母親が病院に通報されています。

循環不全または呼吸不全などにより,十分な酸素供給ができなくなり脳に障害をきたした病態を低酸素脳症という。

 

病院に搬送され4か月後に脳死ということで、意識が戻らなかったのでしょうね。その他にも『鍋の中に長時間立たせる』、『裸の上半身に液体をかけ、扇風機の風を当て続ける』、『顔を殴る』など悲惨な内容ばかりで驚きを通り越して、溜息しか出ません。今回は真愛ちゃんの母親である西田彩容疑者について調べていきました。

 

岡山市北区花尻西田真愛ちゃん虐待事件!母親の西田彩容疑者の顔画像は?美人でキレイなママと近所で評判だったのか調査!

 

個人的に西田彩容疑者はどんな母親だったのか気になりました。まず顔画像ですが、ネットで特定されているのか?調べてみましたが…残念ながら今現在で西田彩容疑者の顔画像は特定されていません。

ただ個人的な偏見かもしれませんが、虐待で逮捕される母親はギャルママ率が高いな~と感じます。Yahoo知恵袋にはこんな声も!

子供が子供を産むから。
子供が欲しいじゃなく、子供が出来てしまったから。
みんながみんなそうではありませんが、一部虐待なんてする人はこういう人でしょうね。残念です。

引用:Yahoo知恵袋

 

また内縁の夫である船橋誠二容疑者は内装業ということでヤンチャそうな母親なイメージがありますね。また近所の人のインタビューなどはなかったのか調べてみましたが…こちらも今現在は残念ながらありませんでした。

年齢は34歳ですし、ギャルママだとしたら美人でキレイな可能性もあるかもしれません。どんな母親にしろ、虐待した罪を償って欲しいですね。

 

岡山市北区花尻西田真愛ちゃん虐待事件!母親と内縁夫の虐待事件が多い理由はなぜ?

 

今回の事件で気になったのは実の母親と内縁夫の組み合わせです。以前話題になった虐待事件も同様に『実の母親と内縁夫』のパターンで、深い闇を感じてしまいます。

 今年8月に大阪府摂津市のマンションで交際相手の子どもである当時3歳の男の子に熱湯をかけるなどして殺害したとして、警察は9月22日に同居していた23歳の男を逮捕しました。

殺人の疑いで逮捕されたのは、大阪府羽曳野市に住む無職・松原拓海容疑者(23)です。警察によりますと、松原容疑者は8月31日の午後、交際相手の女性(23)と同居する摂津市内のマンションの風呂場で、女性の長男である新村桜利斗ちゃん(当時3)の全身に熱湯をかけるなどの暴行をくわえて、殺害した疑いがもたれています。

引用:MBSNEWS

 

2021年9月に話題になった新村桜利斗(おりと)ちゃん虐待事件も同じ組み合わせでしたよね。そして母親ではなく、内縁の夫側が先に逮捕されていて、同じパターンの事件とも感じます。なぜこのパターンの虐待事件が多いのか調べてみると

  • 父親がだいたい無職のパターンも多い
  • そもそも母親が、もともとの結婚からしてできちゃった婚
  • 子供を育てる意思も能力もないまま結婚して離婚したケースも多い
  • 新しい男性と結婚すると、前の旦那の血をひいた子供がうとましくなる「人も」いる
  • 男性からしても、「他の男の種のガキを何でおれが面倒見なくちゃいけないんだよ」となる
  • そもそも女性にも暴力振るってて止められない

引用:YAHOO知恵袋

 

このような背景があるのではと考えられるようです。最近は親ガチャなんて言葉もありますし、、、何とも言えませんね。

 

岡山市北区花尻西田真愛ちゃん虐待事件よりも気になるニュースを紹介!

【関連記事】

船橋誠二容疑者の顔画像を特定?内縁夫だが別の女性と婚姻関係や子供がいるとの噂も!?

【船橋誠二容疑者の生い立ち】幼少期は両親から虐待を受けていた?サイコパスな性格なのか調査!

まふまふの彼女は潤羽(うるは)るしあで熱愛発覚?同棲匂わせメッセージで確定なのか調査!