トレンド

珪藻土マットの日本製はアスベスト大丈夫?soil(ソイル)が安心な理由は?

日用雑貨を扱っているカインズホームから発売されている珪藻土バスマットから基準値以上のアスベストが出て話題になっています。

その後なんとニトリから発売されていた珪藻土マットからも基準値以上のアスベストが確認され、世間をざわつかせていいます。

どちらの製品も中国製ということもあり、日本製は安心して使えるのか気になりました。

今回は日本製の珪藻土マットは大丈夫なのか?soil(ソイル)の珪藻土マットが安心な理由について調べていきました。

中国製の珪藻土マットから基準値以上のアスベストが?

カインズホームが販売していた珪藻土マットから基準値以上のアスベストが検出され、世間をざわつかせました。

アスベストは非常に危険性の高い物質で、小さいため呼吸器官を通って容易に肺へと侵入します。 体内に蓄積すると呼吸困難などの障害を引き起こし、最悪死に至るケースもあるのです。

このように危険な物質ということもあり、長年利用していた方はヒヤリとさせられるニュースですよね。

珪藻土は湿気に強く、湿気を吸収し放出してくれます。

そのため水はけがいいことからバスマットに利用されていました。

そんな便利なマットを大手メーカーのカインズやニトリが販売していることもあり、自宅で使っている方は多いんじゃないでしょうか。。

ただアスベストで泣く泣く手放したことも多くあり代用品があればいいですよね。



中国製の珪藻土マットを扱っているメーカーは?

カインズやニトリが販売していた珪藻土マットはどちらも中国製ということでネットでは中国製製品が危ないのではという声がありました。

  • ニトリ
  • カインズ
  • ダイソー
  • イオン

などなど

100均で販売している珪藻土商品はほぼッ中国製品なのではと思います。

また中国製のものは値段が少し安いという特徴があるので、心当たりある方は珪藻土商品を捨てず、袋を2重にして密閉して保管することをオススメします!



珪藻土マットの回収について世間の反応は?

世間の珪藻土マットの回収について世間の声を調べていきました。

やはり大手のニトリということで珪藻土マットを使っている家庭は多いようですね。

そして削るとかなり危険です。

なぜならアスベストは石綿と漢字で書き、小さな物質なこともあり肺に侵入し蓄積していきます。

それもあり珪藻土を削ることはNGです。

今回の回収騒ぎは珪藻土マットを使っていると摩擦で削れてアスベストを吸ってしまう危険性があるからです。

なので即、密閉保管しましょう!



珪藻土マットの日本製はアスベスト大丈夫?soil(ソイル)が安心な理由は?

アスベストを検出したマットは中国製ということもあり、日本製は大丈夫なのかと疑問に感じました。

その中でこちらのメーカーの珪藻土マットが気になりました。

Soil(ソイル)です。

こちらの会社ではホームページにてアスベストが一切混入していないと書かれています。

『日本珪藻土日用雑貨製造協会』の厳しい基準をクリアした製品に関してはアスベストは混入や含有は一切ないようです。

日本では、2006年(平成18年)の厚生労働省の通達以降、全面禁止となっていますので、アスベスト入った製品は、日本製で無い可能性が高いと思われます。

このような記載もあるので日本製は安心して使えるようです!

さすがメイドインジャパンですね。

soil(ソイル)の製品は日本製でアスベストが混入や含有はしていません。

またふるさと納税返礼もあるので是非購入してみてください。

通販はこちら!

是非購入してみてくださいね!