ニュース

対馬悠介は高校や大学は高学歴だった?中退して転落人生へと変わった理由を調査

8月6日午後8時に世田谷区の小田急線車内で男が刃物を振り回し乗客を刺すなどする事件が発生しました。

男女10人が重軽傷を負い、逃走していた犯人である川崎市在住の対馬悠介容疑者が逮捕されました。

この事件で気になったのが『勝組っぽいから襲った』という供述です。

勝ち組という発言から対馬容疑者自身は負け組で社会で劣等感を感じて生活していたのではないかと思いました。

また調べると対馬容疑者は高校や大学は高学歴であることが分かりました。

今回は対馬悠介容疑者の高校や大学など学歴についてや中退した理由、その後の社会人生活について調査していきました。

小田急線で無差別殺人事件が発生!川崎市に住む職業不詳・対馬悠介容疑者容疑者が逮捕!『勝ち組っぽい』との理由での犯行か

8月7日にTBSニュースでは小田急線で起きた無差別殺人事件について報じています。

8月6日午後8時半ごろ、東京・世田谷区で、小田急線の車内で男が刃物を振り回し乗客を刺すなどして男女10人が重軽傷を負った事件で、警視庁は川崎市に住む36歳の男を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

TBSニュース

逮捕されたのは川崎市に住む職業不詳の対馬悠介容疑者です。

対馬悠介容疑者についてのプロフィールはこちらです。

名前 対馬悠介(つしま ゆうすけ)
生年月日 1985年or1984年
年齢 36歳
出生地 青森県五所川原市
出身地 東京都世田谷区
現住所 神奈川県川崎市
職業 不詳

このニュースで気になったのは逮捕後に語った犯行理由です。

最初に女子大学生(20)を襲った理由について「勝ち組っぽいと思ったから」と供述していることが警視庁幹部への取材でわかった。

引用:讀賣新聞

勝ち組っぽい』という言葉に引っかかりました。

対馬容疑者のその他の発言はこちらです。

  • 『大量に人をこ〇せるから電車選んだ』
  • 『幸せそうな女性を見るとこ〇してやりたいという気持ちが芽生えていた』

対馬容疑者自身が負け組で劣等感を感じているような発言内容ばかりですね。

また対馬悠介容疑者の今回の事件を分かりやすく時系列順のまとめました。

6年前にあるキッカケがあり『幸せな女性』を見ると〇してやりたいと思っていた

↓↓

8月5日、新宿区内の食料品店で万引きする

↓↓

女性店員に通報され、警察から事情聴取を受ける

↓↓

8月5日夜、対馬悠介は通報した女性店員を〇してやりたいと思い、夜に店に戻ると閉店しており、電車で事件を起こそうと計画を切り替える

↓↓

8月6日夜8時、対馬容疑者は小田急線登戸駅にて藤沢発新宿行き上り快速急行電車に乗車。10両編成の6号車に乗る

↓↓

すぐに前方の7号車に移動。20代の女性を襲う

↓↓

7号車社内で包丁を振り回し、4人の乗客に傷を負わせる

↓↓

8号車に移動。持っていたサラダ油にライターで火をつける。しかし燃え広がらなかった。

↓↓

電車が祖師ヶ谷大蔵駅の手前で緊急停止。

↓↓

対馬容疑者は9号車に移動し、非常用ドアから逃走

↓↓

約1.5時間後、祖師ヶ谷大蔵駅から北に約4キロ離れた杉並区高井戸西のコンビニ店に現れる。

↓↓

店員に「犯人だ」などと名乗り出て身柄を確保された

 

個人的な推測ですが、今回の犯行は『強烈な嫉妬』、『劣等感と絶望』といったものを感じるような事件だと思いました。

対馬悠介容疑者の高校や大学は高学歴だった?

対馬悠介容疑者が使った『勝ち組』という言葉から自身は『負け組』で常に劣等感を感じて生活をしていたのではないかと推測しました。

そうすると『勝組っぽいから襲った』、『幸せそうな女性』に殺意は芽生えることに納得がいきますよね。

なぜそのような劣等感を感じるようになったのか調べると、対馬悠介容疑者は学歴が高学歴だったことが分かりました。

対馬悠介容疑者の高校や大学はこちらです。

東京都立大付属高校 偏差値58
中央大学理工学部 偏差値55~60

偏差値を見ると中の上クラス学校に進学し、かなり優秀な成績であり高学歴であったことが分かりました。

勝手な憶測ですが、劣等感があるがゆえに猛勉強されて、いい高校や大学に進学されたのではないでしょうか。

また学生時代の友人がインタビューされ対馬容疑者について語っています。

大学で同じテニスサークルに所属していた知人男性は取材に「新歓コンパなどの場で、周囲になじめない新人を見つけると、積極的に声をかけていく優しい人だった」と振り返る。

引用:讀賣新聞

このインタビューで個人的に気になったのが『周囲になじめない新人を見つけ』という部分です。

そういった人物に目がいくということは対馬容疑者自身も周囲に馴染めなかった経験があったのからだと思います。

そして幼少期から『劣等感』を感じ、その劣等感から人よりも上に立ちたいと思っていたののかもしれません。

家族関係や友人関係に関してはニュースで情報が出ていませんが、家庭環境でや両親の育て方で他人と比べられるような経験があり、劣等感を感じるような性格になってしまった可能性はありそうですね。

対馬悠介容疑者が大学を中退した理由や原因は?その後が転落人生だった?

劣等感は誰かと比べられて感じることが多いですよね。

対馬悠介容疑者は高校や大学は高学歴が故に社会に出て苦労されていることがわかりました。

まず大学ですが途中で退学されていることがニュースで報じてます。

退学理由に関しては情報がありませんが個人的に予想はこちら!

  • 家庭環境の悪化で金銭的に通えなくなった
  • 勉強についていけず挫折した
  • 就職氷河期で絶望して辞めた

劣等感という考えから選ぶと『勉強についていけず挫折した』、『就職氷河期で絶望して辞めた』の2つが当てはまると思います。

また対馬容疑者は中退後は職を転々とし、近年は派遣社員、コンビニ店員、大手パン工場などで働くなど不安定な生活を送られていました。

それもあり正社員でお金を稼いで生きている人間に強く嫉妬心を抱いていたのではないでしょうか?

それが犯行の背中を押し、今回の凶悪な事件を引き起こしたのかもしれませんね。

【関連記事】対馬悠介の記事まとめ

今回の対馬悠介容疑者の小田急線事件は衝撃的内容でした。

そして現段階でまだまだ分かっていないことが多くあります。

  • 6年前から幸せな女性を見るとイラっとしていた理由
  • 生い立ちや家族、友人関係
  • 仕事や職業、そして普段の暮らし などなど

まだ疑問が解決されていませんよね。

そこで気になる対馬悠介容疑者の人物像について調べていきました。

【関連記事】↓

また対馬悠介容疑者の事件に関する記事も紹介します

【関連記事】↓

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。