トレンド

丹波市長(林時彦)の経歴や林建設の御曹司?公約5万円は嘘(インチキ)?

兵庫県丹波市の林時彦市長が話題になっています。

公約として全市民に5万円給付すると言っていたのが一変して商品券2万円分に公約を修正し非難を浴びています。

今回は気になる丹波市長(林時彦)の経歴や林建設の御曹司なのか調べていきました。。

丹波市長(林時彦)の公約5万円は嘘(インチキ)?

兵庫県丹波市の林時彦市長が全市民に現金5万円給付すると公約していましたが、なんと商品券2万円分に公約を修正したことが分かりました。

これに対して丹波市民からは怒りや『嘘つき』や『インチキ』など大ブーイングが起きているようですね。

『全市民に現金5万円給付』を公約にし選挙に出馬し、当選したというのに蓋を開けたら商品券2万円なんて誰も納得いきませんよね。

公約を果たせなかった理由については現段階では明かされていませんが、全市民に5万円給付するには約32億円が必要だったこともあり、財源問題なのではと推測されていました。



丹波市長(林時彦)の公約5万円問題に対して世間の声は?

丹波市長(林時彦)の公約5万円から商品券2万円に変わったことに対して世間の声を調べていきました。

丹波市民ですが、選挙時は新庁舎の予算を市民に回すと公約していた。

元市長は新庁舎への財源や市民への給付金には無理があり、それこそ買収のような公約だと批判もされていた。

結果、議会承認の必要な新庁舎への予算は手をつけず、市長決済可能な予算で、しかも商品券という有り様。
あまり良く考えずに、大風呂敷広げて選挙し、選んだ丹波市民は人を見る目がなかったということ。

当然予想された事!商品券でごまかす姑息な手だ、これに合わせ、市長給与50%減、賞与辞退、退職金辞退、これくらい自分に対するペナルティー架すべき!岡崎市長も同様だ。ダイタイ公金バラマキを公約にして立候補する時点でアウト。この人に投票した人は残念でしたご愁傷さまです。

かなり厳しめの声がありますね。

こんなご時世で公約に釣られて投票した結果がこんな顛末だったんて・・・・。

呆れてしまいますよね。

ペナルティも必要という声も出てるほど怒りを喰らっていました。

確かにお金で釣るのはダメですね。



丹波市長(林時彦)の経歴は?

名前: 林時彦

読み方: はやし ときひこ

生年月日: 1954年5月3日

年齢: 66歳

出身地: 兵庫県丹波市

林時彦市長は兵庫県丹波市出身の方でした。

最終学歴は『明治大学商学部』に卒業されているので、勉強ができる人物なようです。

大学卒業後の1979年に『林建設』に入社し、15年後に林建設の代表取締役に就任されています。

また2008年に林時彦さんは丹波市の市議会議員に立候補し初当選!

そして2020年に『公約5万円』を引っ提げて丹波市長選に立候補し、丹波市長に就任されました。

趣味は料理、山登り、音楽(合唱団メイプル所属)
日本料理、イタリア料理、フランスパン(バゲット)、赤ワインが大好き。
好きな音楽クラシック、フォーク、
得意な料理ブリ大根、カツオのたたき、魚の煮付け

林市長は趣味が多く、『様々なチャレンジ』をすることが好きなんだとか。

多趣味で行動力のある方ですよね。



丹波市長(林時彦)は林建設の御曹司?

丹波市長の林時彦市長の経歴である『林建設代表』という所が気になりました。

大学卒業後にこちらの学校に就職し、その後代表まで昇りつめています。

名前が『林』繋がりなのでもしかして親の会社なのかなと調べたところ情報がなく分かりませんでした。

林建設という会社は多く、一番有名な『林建設株式会社』の代表欄を見てみましたが、林時彦市長の名前はありませんでした。

全国に『林』の苗字は多いので特定は難しそうですね。

また情報が分かり次第追記していきます。