アニメ

高橋博海の経歴やwiki風プロフィールは?高校や大学など学歴も調査!

PUI PUIモルカー4話で茶色の食いしん坊モルカーの『テディ』にゴミを食べさせてしまうクズ人間役で話題に高橋博海さん!

実は高橋博海さんは俳優ではなく、デザイナーであることが分かりました。

今回は高橋博海さんの経歴やプロフィール、そして高校や大学など学歴について調べていきました。

高橋博海のwiki風プロフィールは?

こちらが今回の4話に登場した高橋博海さんです。

ゴミをポイ捨てしてしまうクズ人間を熱演されています。

高橋博海さんを美里監督と勘違いしている方がSNSで多くいたようですね。

プロフィールを知らべてみましたが、俳優ではなくデザイン会社で働いているため情報がありませんでした。

分かっている情報としては

学歴: 武蔵野美大卒

年齢: 経歴から推測するに20代後半?

職業: デザイナー

この辺りが分かっている情報です。

美里監督も武蔵野美大卒で同時期に一緒に卒業さえているので、そこの繋がりで高橋博海さんが出演したのではないでしょうか。



高橋博海の経歴は?

高橋博海さんの経歴について調べていきました。

2016  武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 卒業

東北新社に入社 デザイナー・プランナーとして勤務

引用:https://hiromitakahashi.tumblr.com/profile

2016年に武蔵野美術大学の視覚伝達デザインを卒業後は東北新社に入社にてデザイナーやプランナーとして現在も働かれているようです。

東北新社とは東京都港区赤坂に本社を置く、映画製作・配給、海外テレビ映画の輸入配給など映画関連の会社なようです。

東北新社が制作した映画はこちら

  • 牙狼-GARO-シリーズ
  • ハンサム★スーツ
  • 矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜 など

多くの作品を制作されていますが、一部だけ抜粋しました。

牙狼-GARO-シリーズは一部のファンから熱狂的な人気があり、なにかしら高橋博海さんも携わっているのかもしれません。

また高橋博海さんの作品がありました。

『どすこーん』というシャレが効いたコーンを制作し、賞を受賞されていました。

ユニークな発想をされる方みたいですね。



高橋博海の高校や大学など学歴は?

高橋博海さんの高校の情報は見つかりませんでしたが、大学は『武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 卒業』されています。

武蔵野美大は多摩美術大学や東京造形大学と並んで日本のトップ美大です。

それもあり入試の難易度はかなり高いようですね。

※普通の大学と違い美大は作品審査があります

視覚伝達デザイン学科ではデザインを原点とし、様々な芸術を学ぶコースでした。

視覚伝達デザイン学科では、どのように「見るべきか」「見たか」「理解したか」といった対象と自身との関係を明確にして、ヴィジュアルコミュニケーションを成立させることのできる人材を育てます。

そのために、コミュニケーションの基盤となる身体性と五感、そして、デザインに必要とされるメディアを操る技術力、造形力と知力、これらを駆使して社会の多様な要求に応えることのできるクリエイターを育てるための基礎課程と高度な専門領域の科目が用意されています。

引用:武蔵野美術大学HP

武蔵野美大サイトにはPUIPUIモルカーの美里監督の名前があり、ニューヨークで開催された若手クリエイター対象の国際賞「Young Guns 18」のニュースがありました。

美里監督は大学内でも有名人で一目置かれる存在だったのかもしれませんね。



高橋博海のまとめ

高橋博海さんは俳優ではなくデザイナーであることが分かりました。

PUI PUIモルカーの美里監督と同じ武蔵野美大出身で同時期に卒業されています。

それもあり学生時代から親交があり、今回の出演が決まったのではないでしょうか。

現在は映画関連の東北新社でデザイナーやプランナーとして活躍されています。

デザイナーさんということで驚きでした。

とてもイケメンなのでまた出演して欲しいですね。