CM

レンタCM2021かわいい女優(女の子)は誰?朝ドラにも出演していた?

レンタCM2021に登場するかわいい女の子(女優)が誰なのか気になりました。

ケンタウロスに扮するロバート秋山さんと共演し、『好き・・・・』という一言のみの演技でしたが独特な雰囲気がありますよね。

今回は気になるレンタCM2021かわいい女優(女の子)は誰なのか調べていきました。

レンタCM2021かわいい女優(女の子)は誰?

レンタCM2021かわいい女優(女の子)は”古川琴音さん”

ケンタロウスに扮するロバート秋山さんが登場するお馴染みのCMですが、2021年最新CMでは、女の子がおすすめマンガを勧めら、『好き・・・』と一言いうシュールなCMでした。

ただ登場する女の子が独特な雰囲気もあり気になりますよね。

こちらの女優(女の子)を調べると”古川琴音さん”という方でした。

名前 古川琴音(ふるかわ ことね)
生年月日 1996年10月25日
年齢 24歳
出身地 神奈川県
身長 161㎝
特技 ダンス(バレエ、ヒップホップ)
趣味 散歩
事務所 ユマニテ

古川琴音さんは神奈川県出身の24歳でした。

独特な顔立ちをされていて、存在感のある女優さんですよね。

まだデビューして2~3年ほどしか経っていませんが、若手新人女優として注目され、事務所『ユマニテ』の最終兵器という異名もあるんだとか。

そんな古川琴音さんの特技はダンスで幼少期からバレエを習われていたそうです。

今でこそ古川さんはホッソリされていますが、小学生の時はポッチャリ体系であだ名は『肉団子』だったとか。

今の古川さんの姿からは想像がつきませんね。



古川琴音さんはどんな人?経歴は?

古川琴音さんは幼い頃からバレエを習っていたことで、何かを表現することが好きでした。

中学高校では表現するという延長線上で演劇部に入部したいと思っていたそうですが、進学した中学では演劇部がなかったそうです。

そこで古川さんは友人と2人で系列高校の演劇部の顧問の先生に頼み込み、演劇部を作ってもらい、演劇部員になれました。

ちなみに中学高校は『日本大学藤沢高等学校・中学校』で中高一貫校で過ごされています。

また大学は演劇に関する知識を学べる学校に進学されていますが、古川さんは当時、将来役者のの道に進むことを考えていなかったそうです。

しかし女優の”満島ひかりさん”の演技を見て、一緒に演技をしたいと思うように。

そして大学在学中に満島さんと同じ事務所の『ユマニテ』に自ら履歴書を送り、見事オーディションに合格され、本格的に女優として活動をはじめられました。

演劇部を作ったり、事務所ユマニテに履歴書を送ったりと古川さんは行動力がとてもありますね。



古川琴音さんの出演作品は?朝ドラのエールで初出演?

古川琴音さんは2018年から女優として様々な作品に出演されていました。

<ドラマ>

  • 義母と娘のブルース 第9話 シホ 役(2018年)
  • 凪のお暇 第4話・第5話 モル 役(2019年)
  • 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第3話 安達智花 役(2020年)
  • 連続テレビ小説 エール 第92回 – 第120回(最終回)古山華 役(2020年)
  • この恋あたためますか 李思涵 役(2020年)
  • コントが始まる 中浜つむぎ 役(2021年)

<映画>

  • 春  主演・アミ 役(2018年)
  • 十二人の死にたい子どもたち ミツエ 役(2019年)
  • 泣く子はいねぇが (2020年)
  • 花束みたいな恋をした  中川彩乃 役(2021年)
  • 偶然と想像 芽衣子 役(2021年)

2018年はちょっとした役ばかりの古川琴音さんですが、2020年のNHK『エール』では初めて重要な役柄を演じ注目を集めています。

主人公夫妻の娘役の古山華役を演じ、短いスパンで15歳の女学生から大人になって結婚する花嫁まで難しい演技を演じ切っています。

またドラマ『この恋あたためますか』ではコンビニで働く”中国人役”を演じ、カタコトの日本語演技も披露されていました。

キレイな美人役から個性的な役まで演じられる女優なのではないでしょうか。



古川琴音さんは岸井ゆきのさんや趣里さんに似ている?

古川琴音さんが女優の岸井ゆきのさんや趣里さんに似ていると話題になっています。

たしかに古川琴音さんと岸井ゆきのさんは年齢も近くて瞬時に見分けがつきませんね。

目元や鼻、輪郭、髪型もソックリですね。

こちらは趣里さんと古川琴音さんの比較ですが、目や鼻など似ていてソックリですよね。

3人とも目と鼻が特徴的な女優さんですよね。