音楽

麗奈(歌手)wikiより詳しいプロフィール!本名やシンガーになったきっかけは?

一発撮りパフォーマンスをYouTubeに投稿している『THE FIRST TAKE』のオーディション企画でグランプリを受賞した麗奈さんが話題になっています。

鹿児島県出身の20歳と言うこと以外はほとんど情報がなく、どんな人物んあおか気になりました。

今回は麗奈さん(歌手)wikiより詳しいプロフィールとして本名やシンガーになったきっかけなど音楽のルーツについて調べていきました。

麗奈(歌手)が『THE FIRST TAKE』でグランプリ!?

YouTubeチャンネルで音楽アーティストの一発撮りパフォーマンスを投稿するチャンネル『THE FIRST TAKE』で行われた第1回オーディションの結果が分かりました。

約5000組の中からグランプリに選ばれたのは麗奈さんです。

若干20歳で鹿児島県出身の女性シンガーソングライターとして活躍する麗奈さんですが、圧巻の歌声ですね。

初めて聞いたときに思ったのは声が透き通っていて癒されるな~でした。

聴いているだけで癒される歌声って才能でしかありませんよね。

審査員のOKAMOTO’Sのハマ・オカモトさんは麗奈さんの歌声について

「2021年に耳にする麗奈さんの声は、懐かしさと新しさが同居する。“聴きたかったシンガー・ソングライター”」

引用:オリコンニュース

と評価されていました。

またオーディションで歌われた『僕だけを』の歌詞は切なく共感できる部分も多いので、老若男女に愛される歌手になりそうな予感・・。

ここから売れれば、『THE FIRST TAKE』のオーディションが人気歌手の登竜門になりますね。

麗奈(歌手)wikiより詳しいプロフィール!本名は?

芸名 麗奈(れいな)
本名 稲田麗奈(いなだ れいな)
生年月日 2001年2月3日
年齢 20歳
出身地 鹿児島県
学歴 音楽専門学校

麗奈さんは鹿児島県出身の20歳でした。

現在は音楽の専門学校を卒業し、シンガーソングライターとして楽曲制作や自主でCDなどを販売されています。

そんな麗奈さんが『THE FIRST TAKE』のオーディションに応募しようと思ったきっかけは、当時通っていた専門学校で「THE FIRST TAKE STAGE」オーディションのフライヤーを見つけたからでした。

当時の麗奈さんは音楽で食べていける自信もなかったそうですが、相談した友達に背中を押される形でオーディションに応募されました。

友達の後押しがなかったらグランプリは違う人物が受賞していましたね。

麗奈(歌手)のシンガーソングライターになったきっかけは?

麗奈さんがシンガーソングライターになったきっかけは、家族が聴いていたフォークソングの影響が大きいんだとか。

その中でも長渕剛さん、吉田拓郎さん、尾崎豊さんなどに影響を受け、9歳でギターを片手にカバーをしてきたとか。

YouTubeのチャンネルも開設してあり、中学生時代にカバーしたフォークソングの数々が投稿されていました。

15歳の時に歌った長渕剛さんの夏祭りでは歌唱力もあり、ギターの腕前も上手いと感じるレベルでした。

麗奈さんは中学から作詞作曲、高校からは地元の鹿児島県で路上ライブやライブハウスなどで活動されていました。

早い段階から音楽活動を始めているので、『THE FIRST TAKE』の実力は何年もの下積みの結果だったのでしょうね。

麗奈(歌手)の路上シンガー時代は?

路上ライブやライブハウス時代の活動が気になりました。

調べてみると路上シンガーとして活躍していた際の動画がいくつかありました。

動画では昭和に活躍した歌手のカバー曲を中心に披露しつつオリジナルソングも披露されていたようです。

こちらはオリジナルソングの『雨と手紙』です。

どことなくRADWIMPSぽい曲だなと思っていたところ、麗奈さんはRADWIMPS、YUIさんにも影響を受けているそうです。

麗奈(歌手)の最新曲は?

麗奈さんの最新曲が気になりました。

オリジナルで発表している曲はこちらです。

ミュージックビデオもある本格的なものでした。

こちらの曲は2016年の高校生時代に作られた曲で、当時の片思いの相手を思って作った曲なんだとか。

こちらも2016年に作られた曲でした。

タイトルがどことなくフォークっぽいですよね。

麗奈さんの今後は配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」からでデジタルで自身の曲をリリースするとのこと。

事務所もまだ決まっていないようなので、早く決まるといいですね