トレンド

ノーマスクピクニックの主催者は誰で元保育士の男性?名前や顔画像を特定?





このご時世に反するようなイベント”ノーマスクピクニック”が開催されるということで世間をざわつかせています。

『NOマスク』を掲げる人たちを集って遊びましょう!ということでSNSを中心に参加者を募っているノーマスクピクニックですが世間から非難の声が相次いでいました。

今回は気になる

『ノーマスクピクニックの主催者は誰』

『元保育士の男性で2児の父親?』

『名前や顔画像は特定されている?』

『開催日時や場所はどこ?』

について調べていきました。



ノーマスクピクニックとは?

このご時世に対して『NO マスク』を掲げたイベントが大阪府を中心に開催されるとして炎上しています。

イベントのためにホームページも作成されていて、実際に開催される勢いを感じますね。

サイトホームページには

全国各地でノーマスクピクニックを楽しむイベントです。老若男女、どこでもどなたでもご参加頂けます!

下記の開催地に参加するもよし、日付とタグ付けだけ便乗してもらって、家族単位・少人数(おひとりでも!)でやってもらうのも良いですね♪

日本全国1つ空の下、同じ想いの人たちが繋がり合い、新鮮な空気を吸って、素顔で笑い合い、楽しく遊びませんか?

と記載されていました。

内容を読むとノーマスク信者たちが集う集会なのでは・・・・と思うようなイベントですよね。

世間ではノーマスクを訴えている方々が意外にも多くいて、去年だと渋谷ハチ公前でマスクを付けない人が集まる音楽イベント『クラスターフェス』が開催され、多くの参加者が集ったことで話題になっています。

クラスターフェスでは音楽イベントを行っていましたが、ノーマスクピクニックでは『ノーマスクの人たちが集まって遊ぶ』という内容で、目的がよく分かりませんよね。

集まってどんな遊びするのか・・・・・考えるだけでも謎ですね。




ノーマスクピクニックの主催者は誰で元保育士の男性?名前や顔画像は?

そんなノーマスクピクニックの主催者は誰なのか気になり調べていきました。

ホームページには主催者の基本情報が書かれていました(現在は削除済み)

こちらの経歴の内容から主催者は

  • 保育職10年以上のベテランで現在は休業中
  • 添加物・薬・農薬など健康被害について敏感なタイプ
  • ワクチンについても不要と言っている
  • ノーマスクで子供たちに元の生活をを掲げている

元保育士で現在は休職中の人物であることがわかりました。

また性別に関しては

こちらの画像から男性であることが分かりました。

年齢は保育士10年以上ということで30代中盤~40代前半という感じでしょうか。

ちなみに主催者は飛行機のフライトにノーマスクでチュッパチャップスを咥えてスルーしたことを報告していました。

そんな主催者の名前や顔画像ですが、現段階では特定されていませんでした。

また既婚者で2児の父親であることも分かっています。

大阪府のノーマスクピクニックの管理者なこともあり、現住所は大阪の可能性が高いのではないでしょうか。

また確証を得られる内容が見つかりましたら追記していきます。



ノーマスクピクニックの主催者のアイコンがガッシュベル?

ノーマスクピクニックの主催者のアカウントがガッシュベルであったことも炎上理由の1つでした。

主催者の使っているアイコンはガッシュベルというキャラクターで、アニメ化もされたマンガ『金色のガッシュベル』の主人公です。

ガッシュベルが魔物の『やさしい王様』を目指し敵と戦っていく物語なんですが、ガッシュベルの弱い人たちを守る姿は感動的で心を打たれます。

そんな優しい王様を目指すガッシュベルをアイコンを使う主催者も同じようにノーマスクピクニックを開催し弱者を助けたいという気持ちがあるのかもしれませんね。

しかしSNSでは『間違っても自分の意見を押し通して周りに不安や迷惑かける子じゃない』とガッシュベルとは違ってそれは迷惑だ!!と非難が集まってしまったようですね。



ノーマスクピクニックの開催場所はどこ?日時はいつ?

ノーマスクピクニックの開催場所ですがホームページに掲載されていた内容は一時削除され見れないようになっていました。

SNSの情報によると

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 広島
  • 香川
  • 福岡
  • 鹿児島
  • 沖縄

多くの地域で開催される予定が分かっています。

開催日時は5月1日、2日のゴールデンウィーク期間に行われるようなので、もし開催されてら話題になること間違いなしですね。



世間の反応は?

ノーマスクピクニックに対して世間の声を調べていきました。


非難の声が殺到していますね。

主催者もまさかここまで反響があるとは思っていなかったのかもしれませんね。

ここまで反響が大きかったので開催されても一部妨害なども起きる可能性もあり得ます。

見つけても近寄らないことが一番安全だと思います。