ニュース

【茨城県立中央病院ビール】飲酒していた医師は誰?名前や顔画像は特定されているのか調査!

 

2022年10月5日にテレ朝NEWSでは茨城県立中央病院で飲酒した医者が患者に対して医療行為をしていたことを報じています。

なんと宿直勤務中にもかかわらず3リットルのビール・・・。看護師に見つかった際には『内緒にしておいて』と口止めしていたようで・・・

そして今回は茨城県立中央病院の飲酒していた医師は誰なのか?名前や顔画像は特定されているのか?調査していきました!

 

勤務中にビールを3リットルも飲んでいた!?茨城県立中央病院の男性医師が解雇へ!

 

2022年10月5日にテレ朝NEWSでは茨城県立中央病院で飲酒した医者が患者に対して医療行為をしていたことを報じています。

 

 この医師は7月、病院内の控室で、午前0時ごろまでおよそ6時間にわたって同僚の医師と飲酒。500ミリリットルの缶ビール6本を空け、そのおよそ4時間半後に病棟から呼び出しを受けたといいます。そして…。

 中央病院院長:「患者様の血管に点滴の針を挿入するという処置を行っております」

 これらは、飲酒を目撃した看護師が上司に報告したことにより、発覚しました。

引用:テレ朝news

 

これは一歩間違ったら医療事故に発展してしまいそうな事件ですね。また個人的に今回の事件は7月に発生しており、なぜ3か月経った今、報告がされたのかも疑問に感じますね。

また過去に同じような事件が話題になっていました。

 

2021年の記事

・産婦人科医が飲酒後に出産手術に立ち会っていたことが発覚。

・一般的に考えれば仕事中に酒を飲むなんて論外

・ただ医師には「待機」もしくは「オンコール」、さらには「突然呼び出される」という特殊な勤務体系がある

・ある病院では自主待機という形で連絡を365日待っている医師も一部いる

・その場合での飲酒はありなのか?ということで議論されていた

 

ただ今回の場合、男性医師は宿直勤務中にもかかわらず酒を飲んでいたということで、言い逃れはできませんね。

 

ピッピ
ピッピ
おそらく全国の病院には、このような医師が沢山いると思う。
そのかわり、今回の件のように看護師が事実を報告しても
発表せずに隠蔽する病院、理事長や院長は多いでしょう。
コッケ
コッケ
年配の医者に聞いたことがあるが、昔(昭和の50年代くらいまでだと思う)は
外科の医者で手術前に酒飲んで気持ちと手の震えを抑える医者が結構いたと来たことがある。

 

また世間の声では、医療従事者と思われる方から『飲酒して働いている医師はたくさんいるのでは?』という声も。本当かどうか?定かな情報ではありませんが、ツイッターにも同様な声が一部見つかっています。

 

 

ちなみに茨城県立中央病院を地図で確認するとこちら!

かなり大きな病院であることが分かります!

 

 

わかりづらいですが、ストリートビューで外観を確認すると大きさがイメージしやすいと思います。

 

病床数 500床(一般475床、結核25床)

 

病床数も500と入院している患者も多い病院なようですね。

そして今回は茨城県立中央病院で飲酒をした男性医師の名前や顔画像は特定されているのか?調査していきました!

 

茨城県立中央病院で3リットルのビール!飲酒した医師は誰?名前や顔画像は特定されているのか調査!

 

また気になる飲酒をしていた男性医師ですが、名前や顔画像など特定はされているのでしょうか?そこでネットで情報はないか調べてみたところ・・・残念ながら現段階で名前や顔画像は特定されていませんでした。

 

・男性医師は35歳

・看護師に対し、医師が「内緒にしておいて」と口止めしたことも分かっている

・おそらく飲酒は常習的だったのでは?

・一緒に飲酒していた同僚医師の処分は不明

 

また男性医師に関してですが茨城県立中央病院は懲戒処分ということで解雇されているのかは不明でした。

 

懲戒処分には、譴責、戒告、減給、出勤停止、降格、諭旨解雇、懲戒解雇といった種類が定められていることが一般である。

 

解雇されていたとしても、医師免許は剥奪されていない限り、どこかの病院には移ることができますしね。。それに今回の事件で被害者は生まれていないことからそれほど医師にとってのダメージは少ないのではないでしょうか?

ちなみに茨城県立中央病院の口コミを見てみると

 

ピッピ
ピッピ
放射線治療、骨シンチでお世話になりました。
担当の医師も穏やかな方で安心できました。
職員の方も親切です。
コッケ
コッケ
大きいだけ。
対応酷い。
症状伝えて行ったら、他に行って!
妻の付き添いで休みを取って行ったのに有給を無駄にした。そのくせ診察料はしっかり取ります。
県立なんだからちゃんとして!
県も少し考えて‼️

 

このように賛否両論な病院なようですね。

また2022年6月には医療事故の報告もされていました。

 

茨城県は14日、県立中央病院で2014年に患者の容体の変化に気付かないまま睡眠導入剤を投与し続け、患者が意識不明になるミスがあったと発表した。患者は6年間意識が戻らないまま20年に死亡しており、県は同日、遺族に約3932万円を支払う和解案を県議会保健福祉医療委員会に提出した。

引用:毎日新聞

 

しっかり働いている医師も多くいらっしゃると思いますし、飲酒した医師のせいで変なレッテルを張られてしまうのはかわいそうでありません。医者のなりても年々減っているそうなので、医療業界が働きやすいように発展していけばいいですね。

 

茨城県立中央病院で3リットルのビール!飲酒した医師は誰よりも気になるニュースを紹介!

【関連記事】

岸田翔太郎の結婚した嫁(妻)の顔画像が美人で可愛い?子供など家族構成を調査!

【赤穂市民病院脳神経外科で医療事故】男性医師の名前や顔画像を特定?今現在は別の病院に勤務しているのか調査!

【千葉県南部看護系学校】パワハラ女性教員(先生)名前や顔画像を特定?年齢やお局的存在だったのか調査!