ニュース

【京王線国領駅ジョーカー男】犯人の服部恭太の生い立ちは?幼少期は悲惨な家庭育ちだったのか調査!

2021年11月1日にABEMATIMESでは東京都調布市の走行中の京王線で起きた刺傷事件について報じています。

犯人は自称24歳の服部恭太容疑者で、逮捕後『人を殺して死刑になりたかった。』と供述!

どんな人生を送れば・・・・『死刑になりたい』なんて言葉が生まれてくるのか気になりました。

今回は京王線国領駅刺傷事件のジョーカー男こと犯人の服部恭太容疑者の生い立ちについて調べていきました。

東京都調布市の京王線国領駅電車内で17人重軽傷の刺傷事件が発生!自称24歳の服部恭太容疑者(ジョーカー男)が逮捕!

2021年11月1日にABEMATIMESでは東京都調布市の走行中の京王線で起きた刺傷事件について報じています。

東京・調布市を走行中の京王線の電車内で、男性が男に刃物で刺され意識不明の重体のほか、16人が重軽傷を負った。現行犯逮捕された男はバットマンのジョーカーの仮装をしていた。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、自称・24歳の服部恭太容疑者。

引用:ABEMATIMES

犯人の自己中心的な考えで事件を起こし、そこに居合わせた乗客を無差別に襲うなんて許せませんよね。

刺された60代の男性は意識不明、2人は重症、14名は軽傷、そして恐怖で逃げる多くの乗客にトラウマという精神的ダメージを与えています。

犯行後の犯人は電車の車内で余裕な表情でタバコを吸っていて・・・・本当に許せないですし、殴り倒したい気持ちになりました。

事件現場の京王線国領駅では車内の窓から一生懸命ホームドアをよじ登る女性や犯人から逃げるため車内を走る乗客の動画がツイッターに投稿されていました。

動画をみるだけで大きな被害の事件であることが分かりますね。

犯人である服部恭太容疑者は10月31日のハロウィンにちなんだのか?

バットマンのジョーカーの仮装をされています。

なぜジョーカーを仮装で選んだのでしょうかね。

また今回の事件を時系列に簡単にまとめるとこちら↓

10月31日夜8時頃に、東京都調布市を走行中の京王線特急電車で事件が発生!

↓↓

後方の車両から放火のよる火災が発生

↓↓

犯人の服部恭太容疑者が刃物を振り回し乗客数名を刺す

↓↓

逃げる乗客を刃物を持って追いかける

↓↓

また500ミリリットルのペットボトルに入った液体をまき散らす

↓↓

乗客は前方へ逃げる

↓↓

電車は国領駅に非常停止され、窓から乗客が逃げる

犯人の服部恭太容疑者(ジョーカー男)は逮捕後、犯行理由について『人を殺して死刑になりたかった。2人殺せば死刑になると思った』と供述しています。

どんな人生を歩めば『死刑のなりたい』の発言や自己中心的な無差別事件を起こすのか気になりました。

今回は服部恭太容疑者(ジョーカー男)の生い立ちについて調べていきました。

京王線国領駅刺傷事件犯人の服部恭太容疑者(ジョーカー男)の生い立ちは?幼少期は悲惨な家庭育ちだったのか調査!

京王線国領駅で起きた刺傷事件犯人の服部恭太容疑者(ジョーカー男)の生い立ちについて気になりました。

調べてみたところ・・・・・・残念ながら現段階でニュースやネットで服部恭太容疑者の生い立ちについては情報がありませんでした。

そこで服部恭太容疑者の生い立ちに関して考察として掘り下げて調査していきました。

まず2021年に電車や駅で服部恭太容疑者と同様の事件が2件発生しています。

  • 8月6日:対馬悠介容疑者が起こした小田急線車内で乗客10名を刺傷した事件

  • 8月24日:花森弘卓容疑者が起こした東京メトロ白金高輪駅で男性に硫酸をかける事件

服部恭太容疑者は警察の供述で『対馬容疑者の小田急線車内で乗客10名を刺傷した事件』を参考にしたと語っていたようで、犯行内容的に対馬悠介容疑者の犯行に類似しています。

  • 電車内でナイフを振り回し無差別的犯行
  • 電車で放火する

一方、花森容疑者は個人を狙った犯行なので若干違いますよね。

また顔のタイプも対馬悠介容疑者と服部恭太容疑者はイケイケなタイプで似ていますよね。

なので対馬悠介容疑者の生い立ちを参考にするとこちら↓

  • シングルマザー家庭だった
  • 大学を中退し、ナンパ師に転向した
  • 大学のサークルや出会い系サイトで知り合った女性にバカにされていた
  • 幸せにしている人が憎く、「6年くらい前から、幸せそうな女性を見ると殺してやりたいと思っていた」と供述
  • 犯行で使った牛刀は自身の自殺用に購入したが、『痛そうだから辞めた』という理由で断念している

服部恭太容疑者の生い立ちに関しては分かりませんが、

無差別事件を起こす犯人は世間への憎しみが強い

↓↓

そのせいで自殺願望を抱く

↓↓

しかし怖くて実行できず

↓↓

その苦しみを他人に与えてやりたい

↓↓

無差別事件を決行

というサイクルが見えてきました。

なので幼少期や学生時代に世間に強い憎しみを持つような体験をされているかもしれませんね。

京王線国領駅刺傷事件!服部恭太容疑者はジョーカーに憧れていた?死刑になりたいと供述した意味や理由を考察!

また京王線国領駅で起きた刺傷事件犯人の服部恭太容疑者(ジョーカー男)の『人を殺して死刑になりたかった。』という供述が気になりました。

これは先ほどの内容を当てはめて考えると

死刑になりたい=自殺できないから他人を殺人して誰かに殺してもらいたい

と考察できました。

そして服部恭太容疑者はバットマンのジョーカーの恰好をしています。

映画ジョーカーの内容を知っていますか?

心優しい道化師アーサーが優しいが故に様々な災難を受け・・・・どんどん悪に染まり、最終的に悪のカリスマとなるストーリーです。

もし映画ジョーカーのストーリーに共感して、ジョーカーのコスプレをしていたなら服部恭太容疑者も幼少期は心優しい少年だったのかもしれません。

そして優しいがゆえに様々な災難を受け、今回の無差別事件を起こしたとなればリアルジョーカーですね。

京王線国領駅で刺傷と放火事件犯人の服部恭太容疑者の気になる記事を紹介!

【関連記事】