トレンド

伯爵家の暴れん坊になったの販売停止(中止)理由は?ローカライズが原因か?

ピッコマで人気だった『伯爵家の暴れん坊になった』が1月8日に突然の販売停止になり話題になっています。

楽しみの読んでいたファンからは最新話が読めないと悲しみの声がでています!

なぜ『伯爵家の暴れん坊になった』が販売停止(中止)になったのか理由や経緯について調べていきました。

伯爵家の暴れん坊になったが販売停止(中止)!?

ピッコマで人気の『伯爵家の暴れん坊になった』が急に販売停止になり話題になっています。

『伯爵家の暴れん坊になった』はピッコマで配信中の異世界ファンタジーです。

樹が目を開けると、そこは小説の中だった・・・!?

暴君として名高い伯爵家の令息「ケイル・ヘニトゥス」の体に憑依してしまった金森樹は、これから起こる運命を変える為に行動にうつすのです!

まず掲げた目標は殴られずに生きること・・・。

長く細く、傷つかず些細な楽しみの為に楽して生きようと決心するのです。

はたしてうまく未来を変えることができるのか・・・。

引用:ピッコマ

内容も面白く、絵がキレイでカワイイということで人気があり、読者も多くいたようですね。

4話まで無料でその後の24話まで配信されていたようですが、このように販売停止になってしまったようです。

うん・・・・。これはダメージがでかいですね。

販売終了という表示で再開についてのアナウンスもありませんでした。

今まで課金して読んでいたファンは気の毒でしかないですよね。。




伯爵家の暴れん坊になったの販売停止(中止)に抗議の声も?

急な販売停止にファンからは広義の声が相次いでいます。

『伯爵家の暴れん坊になった』は以前から配信されていましたが、ここ最近人気が急上昇していたようで。いきなりの販売停止に怒りの声があるのは納得ですよね。

また課金して楽しみに読んでいたファンはどうなるんでしょうか。

課金している人は見返しができるようですが、結末まで描かれていないようなのでラストが気になりますね。

ピッコマからの告知では

諸般の事情により販売停止いたします。再開時期は未定となります。お楽しみいただいているところご不便をおかけし誠に申し訳ございません。

引用:ピッコマ

このようになっていました。

説明不足で納得のいく理由が欲しいですよね!



伯爵家の暴れん坊になったの販売停止(中止)になった理由はローカライズが原因か?

ピッコマからは販売停止(中止)の理由については諸般の事情によるということで、詳細的な内容が伏せられていました。

なのでなにか情報がないかと調べていくとローカライズで原作者と揉めて販売停止になったのではないかと噂がありました。

ローカライズ(ローカルライジング)とは、ある国を対象に作られた製品を、外国でも使用できるように、外国の言語に対応させることである。

引用:weblio辞書

『伯爵家の暴れん坊になった』の原作者である『Yu Ryeo Han』さんや脚色の『PING』さん、そして作画の『PAN4』さんは韓国人ということでした。

またSNSでは『伯爵家の暴れん坊になった』のローカライズで問題になったのではと言及する意見が発見されています。

このようにローカライズで原作とピッコマ配信の漫画で内容が異なってしまっため、原作側が異議を唱えて今回の販売停止(中止)になったのではないかと噂が立ったようです。

国が違うとローカライズで作者の意図していない作品になってしまうのはしょうがないですよね。

またそれで課金していて読めなくなったファンは大損です。

早くピッコマからなにかしらのアクションが欲しいですね。