芸能人

GACKT2021現在の10キロ減の顔画像や姿がゲッソリ痩せた?体調や容態は回復に向かうのか調査!

2021年9月8日にスポニチでは歌手や俳優として活動しているGACKTさんが重度の発声障害で無期限活動休止を発表したと報じています。

現状に関しては10キロ以上体重が落ちてしまったと告白されていたので、どんな姿になっていまったのか気になりました。

今回はGACKTさんの2021現在の10キロ減の顔画像や姿がゲッソリ痩せたのか?

また体調や容態は回復に向かうのか調査していきました。

GACKTが持病の神経系疾患をきっかけに一時危篤!重度の発声障害で声を出せず無期限活動休止を発表!?

2021年9月8日にスポニチでは歌手や俳優として活動しているGACKTさんが重度の発声障害で無期限活動休止を発表したと報じています。

歌手のGACKT(48)が重度の発声障害のため無期限活動休止することが7日、明らかになった。関係者によると、現在は話すこともままならない状態で、国内の自宅で療養しているという。

 エージェント事務所によると、GACKTは8月6日、所用のため滞在していたキプロスから帰国。「体調が悪い」と訴え、その後容体が急変。幼少からの持病である神経系疾患がきっかけとなり、一時は命に関わる状態に陥ったという。

引用:スポニチ

GACKTさんが”無期限活動休止”というころで驚きました。

一時危篤状態ということだったので、8月に生命の危機を迎えていたなんて・・・・・。

今回の危篤状態まで陥った原因に関しては『持病の神経系疾患』であると発表されています。

しかしニュースを読むと持病である『神経系疾患』をキッカケに容態が急変→その後、重度の発声障害になったと答えるも、ハッキリとした病名に関しては伏せられていますよね。

ピッピ
ピッピ
GACKTの無期限休止で危篤状態だったということだけど、情報が少なすぎて謎が多いよね。。テレビの独自取材などに向けて情報の提示を少なくしているのかな?
コッケ
コッケ
謎な要素も多くて、嘘や話題作りなのではという声もあるみたい

また現在は体調や容態は安定しているものの”重度の発声障害”を併発されているので、今後は完治に向けて療養を続けて行くとのことでした。

早く良くなって欲しいですね。

GACKT2021現在の10キロ減の顔画像や姿がゲッソリ痩せた?すぐの復帰は難しいとの声も!

GACKTさんは今回の持病である神経系疾患での危篤から入院生活で体重が10キロ以上落ちたことを明かされています。

そこで気になったのが2021年今現在のGACKTさんの顔画像や姿ですよね。

調べてみると現在のGACKTさんの姿や顔画像に関しては本人はメディアに投稿されていませんでした。

インスタは以前から非公開設定をされています。

ただプロフィールには『I’ll make your day by bringing out your beautiful smile.』と言葉を残しています。

君を素敵な笑顔にして、とても幸せな気分にしてあげるよ

素敵な名言を書かれていますが、現状本人のGACKTさんが大変な状況に陥っていますよね。

2020年に難病『全身性アミロイドーシス』を患ったアントニオ猪木さんの姿は以前よりもゲッソリとした姿で世間を驚かせました。

GACKTさんも48歳とアラフィフで年齢的には若い見た目ですが、今回の病気でアントニオ猪木さんのようにゲッソリ痩せてしまったことが想像がつきます。

ファンにはそういった姿を見せたくないという意味からマレーシアで療養を決めたのかもしれませんね。

GACKTの体調や容態は回復に向かうのか?最新のファンクラブでは気丈に振る舞うコメントを発表していた!?

GACKTさんの体調や容態に関して分かっている情報はこちらです。

  • 現在の容体は安定している
  • しかし重度の発声障害のため現在は話すこともままならない状態
  • 神経系疾患がきっかけで危篤→併発で重度の発声障害を発症するも回復の目処が立っていない

持病である神経系疾患に関しては収まったようですが、併発した重度の発声障害に関しては回復に向かっているといった情報はありません。

なので現状回復していくのかも本人も医者も判断できないのではないかと予想できます。

今後についてエージェント事務所は、主治医がいて活動拠点でもあるマレーシアに戻り、持病や発声障害に関する精密検査をした後、活動再開に向けた治療に専念するとした。

マレーシアで精密検査を受けるということなので、重度の発声障害に関しては治療が見つかっていないのではないかと読み取れます。

またGACKTさんは9月6日にファンに向けてこのようなメッセージをされています↓

『みんな心配かけたな。たくさんのメッセージありがとう。大丈夫、まだ生きてた』

『活動休止期間についてですが正直わかりません。でも、とにかく早くに戻って来れるようやれることを全力でやります。みんなを心配させてしまったこと、本当にごめん。必ず帰ってきます。もっと強くなって。もっとすごいGACKTになって』

弱気な部分を出さないプロ意識も感じられるコメントですね。

いつ復帰が叶うのかわかりませんが、必ずまた元気な姿で帰ってきてほしいですね。

GACKTの持病である神経系疾患の病気(病名)よりも気になるニュースを紹介!

【関連記事】

合わせてぜひ読んでみてくださいね。