生活

ドーナツの穴の名前や生まれた歴史は?意味や理由についても気になる





ドーナツはなぜ穴が空いるのか?

ふと疑問に持つことってありますよね。

今回はドーナツの生まれた歴史やドーナツの穴の意味や理由、そして穴に名称(名前)はあるのか調べていきました。



ドーナツの歴史は?

ドーナツの原型はオランダで生まれたオリーボルというお菓子でした。

小麦粉・砂糖・卵で作った生地を酵母で発酵させ揚げたものです。

オリーボルの形は真ん丸なボール状で、上にクルミを乗せて食べられていたとか。

このシンプルな作り方のオリボールはイギリス、そしてアメリカへと発祥していきます。

 

オリーボルがリング状のドーナツに変わったのはアメリカの地に伝わってからだと言います。

第一次世界大戦ではアメリカ兵に大量の支給され、その当時にはもうリング状だったとか。

また大量に支給されたことにより、戦争が終わった後も人気のお菓子として親しまれるようになりました。



ドーナツの名前の由来は?

ドーナツの名前の由来を知っています。

英語で『doughnut』と表記され、『dough』は生地、『nut』はナッツなどの木の実を指します。

ドーナツは英語でクルミが上にのったオリーボルを表現した英語だったんです。

たまに『ドーナッツ』という表記もあり『ナッツ』=木の実がドーナツには入っていないのを疑問に感じていました。

歴史を辿るとナッツが上にのっていたから、ドーナツだったのか気づきました。

名前の由来が深いですね。



ドーナツの穴の理由や意味はある?

オリーボルはボール状で、ドーナツはリング状へと変化を遂げています。

ドーナツの穴にはどんな理由や意味が存在するのか気になり調べていきました。

調べてみるとドーナツの穴に関して様々な説がありました。

その中でも1番有力とされている説は『ドーナツ』を挙げる際に真ん中が生焼けになるのを防ぐためにリング状にし、均一に火を通すためだとか。

船乗りのグレゴリーさんが母親の作った揚げパン(オリーボル)がいつも生焼けだったそうで、真ん中を指で押し出して穴をあけて食べていたことが起源だそうです。

グレゴリーさんの母親が生焼けのオリーボルを作ってなかったら、リング状のドーナツは存在しなかったんですね。



ドーナツの穴のその他の説は?

その他にもドーナツに穴が空いた理由や意味が存在します。

  • クルミなし説

ヨーロッパではオリーボルにクルミを乗せていたが、アメリカではクルミが入手困難だったから真ん中に穴を空けてドーナツへと変わった・

  • インディアンの矢説

アメリカ先住民であるインディアンの放った矢がたまたまパン生地の真ん中にあたり、油の中に落ちた。

 

  • 操舵輪ひっかけ説

船乗りのグレゴリー船長が、船の操舵輪にパンをひっかけるために穴をあけた。

 

という説がありました。

インディアン説は一番謎ですよね。

色々な説があってドーナツの歴史はとても面白かったです。