トレンド

箱根駅伝2021でナイキの黄緑色のアルファフライばっかり?耐久性やレビューは?

2021年の箱根駅伝が始まりましたね!

今回は番狂わせでまさかの往路1位が創価大学で復路は波乱が起きそうな予感がします。

そんな箱根駅伝で今年は黄緑色の靴ばかりの選手が目立つと話題になっています。

こちらはナイキのアルファフライという靴だそうですが、選手が履いていることもありレビューや耐久性が気になりました!

箱根駅伝2021で黄緑色の靴ばかり!?

箱根駅伝2021では黄緑色の靴が目立つと話題になっています。

たしかに映像を見ていると選手で黄緑色の靴を履いている率が高いですよね。

ちなみに去年はピンクの靴ばっかりだったとか。

靴によってタイムも変わると選手からの発言もあり、こちらのナイキ製の靴は駅伝で人気があるようです。

調べてみるとアルファフライという名前で駅伝用に販売もされているとか。



箱根駅伝2021の黄緑色の靴はナイキのアルファフライ!?

箱根駅伝2021ではナイキ製の靴を履いている選手が多くいたとか。

その中でも黄緑色のアルファフライの比率が最も高かったとか。

ちなみに去年のピンク色の靴はヴェイパーフライというそうです。

ナイキのサイトを見ると黄緑は駅伝パックコレクションでの色だったようで、選手の試着率が高かったようですね。

なのでナイキの宣伝のためにあえて目の引くカラーを採用したのではないでしょうか。



アルファフライのレビューは?

アルファフライについてまとめてあるレビュー記事がありました。

正式名称は『エアズーム アルファフライ ネクスト%』でした。

厚底ソールでスプリング効果があります。

またソール前半部分にある透明なエアポッドが前足にかかるエネルギーを反発力に変えいるとか。

また山道やアスファルトで負担になる踵には前半部分よりもクッションを多くし、負担を減らす設計になっていました。

シューズだけで走りの質も大きく違ってくるのが納得ですね。



アルファフライの耐久性は?

アルファフライの耐久性について調べていきました。

購入するにあたって前半ソール部分にあるエアパッドの耐久性が気になる方が多いようですね。

レビューを調べてみると

耐久性が低いという声が目立ちますね。

以前から利用している方からは

以前よりも耐久性は向上しているという声も。

なので利用する際は慣らしで使ってここぞという大会で使用する感じがいいのかもしれませんね。