トレンド

8割おじさん(西浦教授)は誰で経歴や説は正しかった?髪の毛が気になる?

8割おじさんこと西浦教授が話題になっています!

コロナの感染拡大を防ぐために8割の接触を削減する必要があると発言し注目されています。

今回は気になる8割おじさんの経歴や説は正しいのか?また2021年2月に感染爆発するのかについても調べていきました。

8割おじさん(西浦教授)の説が正しい?

8割おじさんこと西浦教授が話題になっています。

コロナの流行拡大を防ぐために接触を8割削減することが必要であると2020年3月の初めから提唱しており、その後感染が拡がってしまったことで注目を集めています。

たしかに緊急事態宣言を出さなかったことで感染が拡がったので8割おじさんの説は正しかったのではと思います!

同じように正しかったという声も見つかりました。

1回目の緊急事態宣言が終わった後に第3波のコロナが襲来し、またさらに感染が広がっています。

2回目の緊急事態宣言が1月7日に発表されますが、前回とは違い学校や飲食業やレジャー施設はそのまま時間短縮するのみで営業を続行しています。

これでは8割おじさんの説に反しているの感染が収まらないのではと心配になりますね。



8割おじさん(西浦教授)が2021年2月に感染爆発すると提言している?

8割おじさんこと西浦教授が2月に感染者が急増するのではと予想されています。

たしかにお店の時間短縮だけで感染者が減るとは思えませんね。

また西浦教授の最初の説も的中しているので、また今回も的中したりして・・・・・。

そうなるとまた大変な事態に陥りそうです。。



8割おじさん(西浦教授)は誰?経歴は?

愛称: 8割おじさん

名前: 西浦 博

読み方: にしうら ひろし

生年月日: 1977年

年齢: 44歳

出身地: 大阪府

8割おじさんこと西浦教授は44歳の大阪府出身でした。

現在は感染症について研究されていますが、幼少の頃はロボットに興味を持つ子供だったとか。

ロボットやソーラーカーなどの開発に興味を持ち高校は神戸工業高専に進学し、電気工学を学ばれています。

しかしその後、阪神淡路大震災を経験し、被災地で必死に治療する医師の姿に感動し、医学の道に進む決心をしたとか。

2002年 – 宮崎医科大学医学部卒業
2002年 – 東京都立荏原病院内科・感染症科臨床研修医
2004年 – インペリアル・カレッジ・ロンドン医学部客員研究員
2005年 – エバーハルト・カール大学テュービンゲン医系計量生物学研究所研究員
2006年 – 広島大学大学院保健学研究科博士課程修了
2006年 – 長崎大学熱帯医学研究所特任准教授
2007年 – ユトレヒト大学博士研究員
2011年 – 香港大学公衆衛生大学院助理教授
2013年 – 東京大学大学院医学系研究科准教授
2016年 – 北海道大学大学院医学研究院教授

引用:ウィキペディアより

医学の道に進み、その中でロイ・アンダーソンの感染疫学症について興味を持ったそうで、イギリスでロイ氏の元で直接学ばれたそうです。

また世界進出もしており今まで住んだことがある国は

  • タイ
  • イギリス
  • オランダ
  • 中国
  • ドイツ

と5か国で勉強されたようです。

ロボット同様に感染症に熱中しここまでの地位を築き上げたようです



8割おじさん(西浦教授)の髪の毛が気になる?

8割おじさんの髪の毛が気になると話題になっています。

髪の毛がとてもチャーミングでかわいいですよね。

また8割という言葉でSNSでは親しまれていますね。

自身の名前を8割おじさんと名乗るようになったりと親しみやすい西浦教授!

今後もコロナ感染を防ぐために活躍して欲しいですね!!