未分類

MADAMRAYマダムレイ(バンド)のwiki風プロフ!娘や息子は?

有吉反省会に出演したマダムレイさんが出演!

還暦を迎えても精力的にヘビメタのボーカルとして活動されています!

今回は『MADAMRAYマダムレイのwiki風プロフ!家族や娘もメタル?』と題して調べていきました。

MADAMRAYマダムレイのwiki風プロフ

マダムレイさんの夫は元楽天イーグルズの監督『田尾安志』さんです。

SNSでもよく田尾安志さんが登場するほど現在でも夫婦仲は良さそうですね。

 

名前: マダムレイ

本名: 田尾宏子

生年月日: 1959年

年齢: 61歳

出身地: 佐賀県

 

還暦を越えているとは思えないほどの若々しく、そしてとても美人ですよね。

スタイルもキレイで維持のために何かしているんでしょうか?

 

マダムレイさんと田尾さんの馴れ初めはこちらです。

夫人のマダムレイとの結婚のきっかけは、夫人の母が平和台球場のウグイス嬢経験者だったこと、夫人の父が医師兼医療法人経営者だったことと田尾が実弟を白血病で若くして失ったことにより健康管理に注目するようになったことだという。

 

マダムレイさんが18歳で田尾さんは25歳の時に友人の紹介で出会い結婚されていました。

音楽活動は1995年からで36歳からでした!

夫の野球や子供の世話がひと段落してから始められたようです。

1995年 大阪「Wo’hol」にて、初ソロ・ライブのステージに立つ
1998年 “ヒロコ”として徳間ジャパンより「MY BOY」でデビュー
2001年 全てをゼロから始めるという意味で「REY」と改める
TV朝日「ワイドスクランブル」レギュラーコメンテーター
ライブ・ミニアルバム製作
2004年 アルバム「Expression」製作・リリース
河北新報コラム・仙台リビングエッセイ連載
ラジオパーソナリティ(DateFM,TV,新聞、ラジオetc)
2006年 “MADAM REY”として「FUTAMATA」をリリース
2007年 ギタリスト横関敦氏をサウンドプロデューサーに迎え1stアルバム「MADAM MADAM」リリース
2008年 ギタリスト横関敦氏と2ndアルバム「Bloody Roses」リリース
2010年 FM神戸のラジオパーソナリティ
2011年 ラジオ関西「MADAM REYのメッチャROCK」メインパーソナリティ
2013年 バンド名を “MADAM REY” に変更し、再スタート
2018年 還暦を目前にメンバーを再編。活動拠点を東京に移しライブ活動開始
2019年 “MADAM REY”3曲入りCD「mission」発売
東京・大阪でライブ沖縄の球団、”琉球ブルーオーシャンズ” の応援歌「BLUE OCEAN」作詞&プロデュース

 

もともとはポップス路線の曲を歌っていたようですが、2006年から路線をヘビメタに変えたようです。

2006年は夫の田尾安志さんが楽天の監督を解任され、一時休止していた音楽活動を再開させたタイミングでした。

色々吹っ切れて自分のしたい音楽に目覚めたのかもしれませんね。

MADAMRAYマダムレイの家族や娘もメタル?

MADAMRAYマダムレイの家族構成は?

マダムレイさんの家族構成が気になりました。

夫は元野球選手の田尾安志さんです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

久しぶりにヤスシ君とお寿司屋さん🍣#madamrey#rock#田尾安志#仲良し夫婦#外食#お寿司#幸せ

madam rey(田尾宏子)(@madamrey1959)がシェアした投稿 –

そして子供は長男、長女、次男と3人いました。

 

MADAMRAYマダムレイの息子や娘もヘビメタ?

マダムレイさんの長男は田尾耕太郎さんは歯科医師でした。

マダムレイさんに顔が似ていますね。

耕太郎さんは歯科医師の他に歯科相談・情報サイトを立ち上げ運営されていたり、歯科医師のホームページの運用などのコンサル、そしてYouTuberとして歯の知識を発信したりされていました。

娘の田尾志織さんは田尾パンダとして母と同じく音楽活動されていました。

 

現在は結婚され、4歳の娘さんがいました。

子育て奮闘中のようです。

 

また次男のSoushiさんは母であるマダムレイさんと同じく音楽活動されています。

現在の情報はありませんでした。

MADAMRAYマダムレイのまとめ

今回は『MADAMRAYマダムレイのwiki風プロフ!家族や娘もメタル?』と題して調べていきました。

  • MADAMRAYマダムレイのwiki風プロフ
  • MADAMRAYマダムレイの家族構成は?
  • MADAMRAYマダムレイの息子や娘もヘビメタ?

最後まで読んでくれてありがとうございます。