アニメ

たんじろうのあざはいつから?途中から濃くなった理由や寿命に関係している?

皆さんこんにちわぴっぴです!

ジャンプ【鬼滅の刃】にて優しすぎる主人公竈門炭治郎(かまどたんじろう)!

こんな優しい長男が鬼退治なんて、見ている方は心配ですよね。

そんなたんじろうですが額にあざがあり、このあざはいつからついたものなのでしょう?

またファンからは大きな伏線になっているという情報もみつかりました!

今回は『たんじろうのあざはいつから?途中から濃くなった理由や寿命に関係している?』と題して調べていきました。

 

たんじろうのあざはいつから?

 


鬼滅の刃主人公の竈門炭治郎(以下たんじろう)

たんじろうと言えば髪に赤色が混じり、両耳に花札の耳飾りがついていることが特徴ですよね。

そしてもうひとつがおでこの赤いあざです。

このあざはいつからついたものなのでしょうか?

こちらのあざなんですが

火鉢を倒した末っ子を庇ったときにできた火傷の跡なのです

 

しかしこの後に鬼滅隊の最終選別にてあざの形がかわります。

最終選別の際に出会った師匠の鱗滝に強い恨みを持ち、鱗滝の弟子の兄弟たちの仇にとなる鬼に遭遇します。

その鬼の攻撃を受け、たんじろうは更に額に怪我を負うことになります。

そしてその傷であざの形が変わることになりました。

 

たんじろうのあざが途中から濃くなった理由は?

その後はあざの形は変わることなく物語は進んでいきます。

しかし激しい戦闘が起きるたびにあざが反応するということが後々判明しています。

『遊郭潜入作戦』で十二鬼月との戦闘の終盤であざが

炎のような丸みの帯びたあざに変化し、色も濃くなっています。

戦闘が終わるとあざの形は元の形に戻ります。

 

たんじろうのあざは寿命に関係している?

上弦の月壱からあざがあるものは25歳までに必ず死ぬことを言われています。

しかし例外もあるので今後の展開でどう変わっていくか注目ですね。

またたんじろう以外のあざを持った人物の死の予想などファンの間で繰り広げられていました。

 

 


&nb

sp;

たんじろうのあざのまとめ

今回は『たんじろうのあざはいつから?途中から濃くなった理由や寿命に関係している?』と題して調べていきました

  • たんじろうのあざのはいつからできたものなのか?
  • 途中から濃くなる理由は?
  • 寿命に関係している考察は?

 

最後まで読んでくれてありがとうございます