芸能人

ヨアソビikuraの年齢や経歴は?ボーカルの顔がかわいい!

人気のYouTubeでアーティストが自宅やスタジオで一発撮りパフォーマンスを披露する『THE HOME TAKE』!

こちらに登場した2人組ユニット『YOASOBI』ボーカルのikuraさんが歌も上手いし、なんといってもかわいい!!!

透き通っていてかわいい声が癒されますよね。

今回は『ヨアソビikuraの年齢や経歴は?ボーカルの顔がかわいい!』と題して調べていきました。

ヨアソビボーカルのikuraちゃんの年齢や経歴は?

ヨアソビボーカルのikuraちゃんの年齢やプロフは?

ヨアソビのikuraちゃんかわいすぎませんか?

 

 

名前     ikura(いくら)

本名      幾田 りら(いくたりら)

生年月日   2000年9月25日現(19歳)

出身地    東京

職業     シンガーソングライター

 

ikuraちゃんはまだ19歳で現在は大学生とまだまだ若いですね。

けどパフォーマンスを観る限り歌唱力が安定していて安心して聴けますね。

かなりの実力者という感じがしました。

音楽歴はどうなんでしょうか??

ヨアソビボーカルのikuraちゃんの経歴は?

ikuraちゃんの経歴が気になりますね。


ikuraちゃんは音楽を作詞作曲を始めたのが小学校6年生の時。

中学3年からは本格的に音楽活動をはじめています。

ikuraちゃんは小さいころから楽器を弾いて演奏していたみたいですね。

弾ける楽器はギターやキーボード、そしてトランペットが吹けます!

トランペットはどこで練習したのか知りたいですよね。

 

2017年の17歳のときにアコースティックセッションバンドの『ぷらそにか』に加入。

 


ここではボーカル、ギター、キーボード、トランペットを担当しており、かなりikuraちゃんは器用なのがわかりますね。

こちらの『ぷらそにか』はソニーミュージックが新人発掘を行うために作られたグループでyoutubeに動画が上げたり、ステージで演奏したりと活動されています。

他のメンバーも同年代でシンガーソングライターでした。

楽器を演奏でき、歌も歌えるグループでikuraちゃんは切磋琢磨し活躍してたんですね。

 

 

その後2019年に現在の『YOASOBI』を結成!

 

活動を始めるとSNSやTik Tokなど若視聴者を中心に人気がでました。

 

『YOASOBI』は小説やイラストを投稿できるサイト『monogatary.com』から誕生した小説を音楽や映像で具現化するユニットとして結成されました。

 

人気曲の『夜に駆ける』はYouTubeで1000万回も再生され大ヒットしました。

 

アニメーションが独特なストーリーとikuraちゃんの声もマッチしてますね。

 

以前から音楽をされていたので歌が上手いということに納得しました。

ヨアソビのメンバーや曲の元になった小説は?

ヨアソビのメンバーは?

『物語音楽』というジャンルのトップを突き進むYOASOBI(ヨアソビ)ですが、ikuraちゃん意外には誰がいるんでしょうか?

 


メンバーはこちらの2人です。

 

  • ボーカル  Ayase
  • 作曲    ikura

の2人で構成されています。映像は藍にいなさんが担当されていました。

 

AyaseさんはボカロPとして2018年12月24日に初投稿されています。

Ayaseさんがプロデュースして人気の曲に『幽霊東京』があります。

セルフカバーとしてAyaseさんが歌っていますが、控えめに言ってイケボですね!

ボカロPが歌う上手いとかチートでしかないですよね。

また性別が男性・女性どっちなのか?度々話題になってましたが、声的に男性ではないでしょうか?

 

AyaseさんはハイスペックなボカロPでした。

 

ヨアソビの曲の元になった小説は?

YOASOBIの楽曲は『monogatary.com』から生まれています。

 

「monogatary.com(ものがたりドットコム)」とは

SME(ソニー・ミュージックエンタテインメント)が運営している創作系エンタテイメント。毎日更新されるお題に対してオリジナルの物語を投稿する。

なお、形式は自由。俳句でもエッセイでもポエムでもOK。また、投稿された作品に挿絵をすることも可能。

話題となった作品は書籍化や実写化、コミック化などに進む可能性もあるため、かなり夢のあるサイトである。

 

 

第1弾としてリリースされた楽曲『夜に駆ける』は星野舞夜さんの『タナトスの誘惑』という作品を題材にしています。

 

『夜に駆ける』とは夜を疾走する。すなわち『二人で飛び降りていくさま』を比喩した表現なのです。

物語の内容とリンクさせた切ない歌詞で物語を知らなくてもじんわりと胸にきますね。

 

また第2弾にリリースされた『あの夢をなぞって』は『夢の雫と星の花』を題材につくられました。

 

こちらは『予知夢がみることができる』という特殊能力を持った2人の主人公の話が展開されます。

彼と彼女が予知夢通りに結ばれますように。

という願いのこもった楽曲です。

 


アップテンポで聴きやすいですよね。

 

 

そして5月にリリースされ、すぐに話題になった第3弾の曲『ハルジオン』は『それでも、ハッピーエンド』が題材になってます。

 

こちらでは社会の忙しさや失恋で悲しみの失意に落ちても、懸命に前を向こうとする主人公が描かれ、曲中にはリアルな感情の浮き沈みが歌われています。

失恋後の気持ちが落ちた方にオススメな楽曲です。

 

現在YOASOBIからは

 

  • 『タナトスの誘惑』を題材にした『夜に駆ける』
  • 『夢の雫と星の花』を題材にした『あの夢をなぞって』
  • 『それでも、ハッピーエンド』を題材にした『ハルジオン』

 

と3曲リリースされています!

次がどの題材の曲がリリースされるか楽しみですね。

 

ヨアソビボーカルikuraちゃんの顔がかわいい!

ヨアソビボーカルikuraちゃんの顔がとにかくかわいい!!

アイドルや女優さんでも通用するようなかわいい顔をされています!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

お家の庭に今年もライラック(リラ)が咲きました。 4歳の頃に母が植えてくれてから 毎年必ず咲いてくれます。

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿 –

自宅の庭でのショットですね!!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

あけおめことよろです🎌 このチュロスばりうまでした。 次のライブは1/7 下北沢MOSAiCです、 ご予約はlilastaffまで✉️

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿 –

チュロスとのショット!ここはUSJでは?

 

ケーキと無邪気な笑顔なショットです。かわいい

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

あれから3年が経った。 明日は精一杯、大好きな友達と学校と 今まで過ごしてきた時間の尊さを 心身で感じてきます。

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿 –

この姿をみるとやはりシンガーソングライターなんだなって思います

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨日の撮影の時の カメラマンさん、にのちゃんに 少し撮ってもらいました💐 梅が咲きはじめていて綺麗でした。

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿 –

桜とのショット!写真集のような画像ですね。

 

 

男性を虜にしてしまうくらいかわいいですよね。

また女性からも人気がありました。

同年代からのネットの声が多くありましたが、今後はもっと幅広い層から人気がでそうな予感がします。

 

TV番組で最近出演される機会も多く、Mステなどの音楽番組出演も近いのでは?

これからの活躍が楽しみですね。

ヨアソビボーカルikuraちゃんのまとめ

今回は『ヨアソビikuraの年齢や経歴は?ボーカルの顔がかわいい!』と題して調べていきました。

  • ヨアソビボーカルのikuraちゃんの年齢やプロフは?
  • ヨアソビボーカルのikuraちゃんの経歴は?
  • ヨアソビボーカルikuraちゃんの顔がかわいい!

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

合わせて読みたい記事はこちら

幾田りらの高校大学や学歴は?両親(父母)や家族構成が気になる!

 

是非一緒に読んでみてくださいね!