アニメ

グレートプリテンダーの挿入歌OPや意味は?原作や評価が気になる!

Netflix先行で6月2日から公開された『GREAT PRETENDER(グレートプレデンター)』!

『ALWAYS 三丁目の夕日』、『コンフィデンスマンJP』などのヒット作を手掛けた脚本家・古沢良太がTVアニメシリーズの脚本に初挑戦し話題になっています。

公開されるともうすでに『面白い!』や『キャラクターがいい』などネットの声も多くありました。

今回は『グレートプリテンダーの挿入歌や意味は?原作や評価が気になる!』と題して調べていきました。

グレートプリテンダーの原作や評価は?

グレートプリデンターは脚本家の古沢良太さんと監督の鏑木ひろさん、キャラクターデザインは貞本義行さんが担当とかなり豪華な制作陣ですよね!

脚本家:古沢良太の主な脚本作品

『ALWAYS 三丁目の夕日』、『コンフィデンスマンJP』

監督の鏑木ひろの主な監督作品

『鬼灯の冷徹』『91Days』

キャラクターデザインの貞本義行の主な作品

『新世紀エヴァンゲリオン』『サマーウォーズ』

 

また今回は原作がなく、完全オリジナル作品でした。

またすでに視聴したネットの声は

 


すでに面白い!!との評価が多くありました。

今後さらに人気が広がりそうですね。

グレートプリテンダーの挿入歌や意味は?

グレートプリテンダーの挿入歌やOPは?

グレートプリテンダーの挿入歌はについて気になりました。

主題歌はクイーンのフレディマーキュリーが歌う『The Great Pretender』でした。


映画ボヘミアンラブソディーが日本でも人気でしたよね。

フレディの曲が日本のアニメに起用されるのは初めてとのことでした。

グレートプリテンダーの意味は?

意味はどういった意味があるんでしょうか?

調べてみるとこのようなことがわかりました。

「Great(グレート)」とは、偉大な、素晴らしい、

「Pretender(プリテンダー)」は「Pretend-(プリテンド)」のラテン語を語源として、元々は、広げる、伸ばす、との意味で「-er」をつけて、真似をする人、としている模様です。

なので偽る、とのイメージではなくて、本当は弱いのに強がっている、気分が良いふりをしている、カラ元気、といった意味になる模様です。

でした。

ものがたりが進むにつれて歌詞の意味と繋がる部分が出て来るのもしれませんね。

グレートプリテンダーのまとめ

今回は『グレートプリテンダーの挿入歌や意味は?原作や評価が気になる!』と題して調べていきました。

  • グレートプリテンダーの原作や評価は?
  • グレートプリテンダーの挿入歌やOPは?
  • グレートプリテンダーの意味は?

最後まで読んでくれてありがとうございます